メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

ザ グラン リゾート 下呂からお知らせ

ザ グラン リゾート 下呂へようこそ

皆様、日頃はザ グラン リゾートをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。ジャンボクラブからザ グラン リゾートへと名称も変り、気分も一新し今まで以上お心遣い、きめ細かいサービスを心掛けていきたいと思います。

支配人 野口政昭

夏、真っ盛りとなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
これから、8月までは目の前を流れる益田川でも鮎釣りをする人々で大変賑わいます。そんな釣り人をのんびり眺めながらぜひお寛ぎください。これからのお料理ですが皆様のご好評にお応えして鮎などの川魚をおりまぜた会席料理をご用意しております。ぜひ皆様もご堪能くださいませ。

調理長  池田悟


gero_080721_01.jpg


近くなった白川郷へGO!

来る7月5日(土)に飛騨清見IC 〜白川郷ICが開通したことにより東海北陸自動車道185?が全線開通となり、下呂温泉から世界遺産白川郷までがより一段と近くなりました。
早速私が、その東海北陸自動車道を利用して世界遺産白川郷合掌集落を訪れました。今回のブログはその道中をご紹介したいと思います。ぜひ、皆様もその雰囲気を味わってください

gero_080721_02.jpg gero_080721_03.jpg

(地図をクリックしますと新しいウィンドウで拡大画像が表示されます)

出発日は7月8日(水)。この日の飛騨地方の天気予報は雨のち晴れ。降水確率も午前50%、午後30%という予報でした。しかし朝目覚めてみると予想以上の大雨。しかも朝方には雷も鳴響いており計画中止かとも思いましたが、そこは「まぁ、予報では午後には雨も上がるはずだ。」と無理やりポジティブに考え、雨の中GR下呂をAM10:30出発しました。

まず国道41号線を高山方面に北上。降りしきる雨の中、途中ドライブインや道の駅もありますが何処にも寄らずひたすら運転。。。しかし高山に近づくにつれて少しずつ雨も弱まり、そしてAM11:30 ちょうど1時間で中部縦貫自動車道、高山ICに到着しました。その時には完全に雨も上がり、時折日差しも顔を出し始め、天気予報が大当たりでした。

gero_080721_04.jpg  gero_080721_05.jpg

ここから高速道路に乗り、まずは飛騨清見ICを目指します。この中部縦貫自動車道高山ICも昨年の9月に開通したばかりで、まだ新しく飛騨清見ICまでは無料となっています。その後15分程で飛騨清見ICに到着、そのまま東海北陸自動車道に合流し富山方面に進行します。この飛騨清見IC〜白川郷ICの24.9km区間は約80%がトンネルの中ということもあり、景色は味気ないですが、「本当に大変な工事だったんだなぁ」としみじみ感じながら、まだ出来たてのきれいな道路に車を走らせました。この日は平日だったせいか、交通量も少なくとても走りやすく、途中で飛騨河合SAでのトイレ休憩のみで無事12:10白川郷ICに到着。ETCを通り抜けると料金は、なんと¥600でした。あとで調べましたが東海北陸自動車道の全線開通記念のため飛騨清見IC〜白川郷IC区間は、10月31日まで半額料金で走行できるとのことでした。高山ICから白川郷ICまでの高速料金¥600というのはとってもお得な感じでした。

gero_080721_07.jpg  gero_080721_06.jpg

白川郷ICに到着すると、すっかり天気も回復し気分を良くしながら目指すは展望台のある天守閣へ。ICからは国道156号線から360号を通り一般道に入り10分程で目的地の天守閣があります。
GR下呂を出発し途中約10分のトイレ休憩を挟み、1時間50分で世界遺産白川郷へ訪れる事が出来ます。開通前より40分も短縮しとっても近く、とっても便利になりました。

白川郷合掌集落を一望できる天守閣では、特産品、軽食などもあり、平日にもかかわらず観光バスも多数止まっており、記念撮影などをしている多くの観光客で にぎわっていました。ここカメラマン必携の天守閣からの眺めは皆様もテレビ、雑誌などで一度は目にされたのではないでしょうか?しかし、何度見ても飽きの 来ない景色はいつでも懐かしさを感じさせてくれました。

gero_080721_09.jpg  gero_080721_08.jpg

さて、白川郷合掌集落をじっくり堪能したところで、国道156号線まで戻り「道の駅白川郷」に立ち寄ることにしました。最近の道の駅は温泉、レストラン、野 菜の販売などいろいろなものがあり、それだけでも十分に楽しむことができる施設です。ここ「道の駅白川郷」には合掌ミュージアムという合掌造りの住宅を見 物できる展示室がありました。では早速展示室を見学。

gero_080721_11.jpg  gero_080721_10.jpg

なんと展示室の中には、合掌造りと同様の本物茅葺き屋根を使った建物が展示してありました。外観から室内まで細かく 見学することができ、建物内にも入ることができます。また、四季折々の白川郷の写真や茅葺き屋根を直している様子などもありとても楽しく見学することがで きます。

gero_080721_13.jpg  gero_080721_12.jpg

さて、まだ少し時間があるのでさらに五箇山(菅沼、相倉)合掌作り集落まで足を伸ばすことにしました。「道の駅白川郷」を出て国道156号線をさらに北上し30分ほどの場所に五箇山合掌集落があります。約10分で菅沼合掌集落に到着。やはり白川郷合掌集落と比較すると規模は小さいけれど静かな落着いた雰囲気がまた味わい深いです。この時、一時的ににわか雨が振ってきましたので菅沼合掌集落では記念撮影だけで、ちょっと慌ただしく過ぎてしまいました。

gero_080721_14.jpg gero_080721_15.jpg

このとき時刻はPM2:30になっていました。この後は東海北陸自動車道を五箇山ICから乗り、来たときと同じルートでGR下呂に向けて帰路に着きました。

今回のブログは新しく開通しました東海北陸自動車道を走り白川郷、五箇山合掌集落までのご案内でしたがいかがでしたでしょうか?また、このブログをご覧いただきGR下呂にご宿泊されました方で、「ブログ見たよ」と言っていただいた方にお土産をご用意いたしました。「道の駅白川郷」で購入した携帯ストラップを先着5名様にプレゼントいたします。ぜひ、気軽に声をおかけくださいませ。

gero_080721_16.jpg
皆様もぜひGR下呂をご利用し、近くなった白川郷へ足をお運びください。心よりお待ちしております。

gero_080721_17.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加