メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

【GRE軽井沢より】ウエルネスリゾート軽井沢より

軽井沢高原の緑も深みを増し、涼風がさわやかな夏の訪れを感じる季節となりました。
軽井沢を避暑地として広く紹介したA・C・ショーは、その澄み切った空気と緑豊かな森林を見て「屋根のない病院」と絶賛しました。
それから120年余、今も軽井沢は豊かな自然と冷涼な気候で、健康づくりにはぴったりの土地です。

会員の皆様こんにちは、GRE軽井沢支配人の宇野でございます。

今回はホテル周辺のお散歩コースのご案内から。
まずはホテルを出て矢ヶ崎公園に向かいました。

大きな池がありいつも色とりどりの鴨が出迎えてくれます。

120626image001.jpg

晴れた日には町のランドマークである離山(別名テーブルマウンテン)と奥には浅間山が見えます。

公園の畔には、年中コンサートなどが催されている「軽井沢大賀ホール」も。

120626image005.jpg

雲場池をめざして歩きます。
少しわき道にそれるとこんな所も。
町の真ん中に釣堀センターがあり、地下水豊富な池にニジマス、岩魚が元気に泳いでいました。
釣ったその場で焼いてお召し上がりいただけますので新鮮そのもの、お子様とのふれあい十分の施設かと思います。
「ます池フィッシングガーデン」です。

120626image007.jpg

120626image009.jpg

120626image011.jpg

120626image013.jpg

再び歩き始めると木立の中にひっそりとたたずむ「矢ヶ崎チャペル」がありました。

120626image015.jpg

しばらく歩くと、秋は燃えるような紅葉が美しい雲場池に到着。
別名「スワンレイク」ともよばれています。
池を囲む散策路はのんびり歩いても一周20分ほどなのでごゆっくり。

120626image017.jpg

120626image019.jpg

120626image021.jpg

途中にはコブラが頭をもたげたような様子の「ウラシマソウ」などの草花も豊富でした。

120626image023.jpg

120626image025.jpg

遅咲きの桜花、雲場池をあとにして「御膳水」を目指します。
観光客もあまり訪れることがない、癒しのスポット。
「ホテル鹿島ノ森」の敷地内にある小さな渓谷に湧き出る「御膳水」は先ほどの雲場池の水源です。
江戸時代から水質が良く湧水量も多いこの湧き水は、いつの頃からか「お水端」と呼ばれ親しまれ、諸大名や宮家などの御膳に用いられたことから名付けられたと言われています。
明治11年に明治天皇が軽井沢宿にて昼食を取られたときも、この湧き水が御膳水として使用されております。

120626image027.jpg

120626image029.jpg

自生していた瑞々しいクレソンも。

120626image031.jpg

この先、旧軽井沢ゴルフ場を過ぎると離山登山口に到着します。
ホテルイベントでもたびたび行っておりますハイキングコースの入り口ですが、今回はホテルに戻ります。

今までの少し上り坂から緩やかに下っていきますと、クリスマスシーズンにはイルミネーションで華やかなクリスチャン施設があります。

120626image033.jpg

120626image035.jpg

12月は厳かな灯りのもと、聖歌隊が段々に立ちゴスペルなどを披露するシンギングツリー。

120626image037.jpg

ホテルに向かう途中振り返れば、テーブルマウンテンが見えました。

120626image039.jpg

ホテルに戻ってしばしくつろいでいると毎年のことですがこの時期、テラス横の木立に設置した鳥の巣箱でシジュウカラの親と巣立ったばかりの雛の様子がうかがえました。
巣の中に残っている雛の面倒を見る親鳥。

120626image041.jpg

巣立ったばかりの幼鳥です。

120626image043.jpg

近所の軒先にはツバメたちがピーー。

120626image045.jpg

ご覧いただきましたように自然豊かな軽井沢です。
少し足をのばすとオリンピック記念館の横には町立軽井沢植物園もございます。
軽井沢町は本州のほぼ中央、標高およそ1,000メートルの清涼な高原に広がり全国的に見ても特異な気候を持つ地でもあります。
こうした立地的な条件と気候によって、数多くの植物が分布、自生し、古くから植物の宝庫として注目されてきました。
敷地面積約20,000平方メートルの中に約145科1,600余種が集められております。
夏は山に登らなくても、こちらでニッコウキスゲなど高山植物を見ることができます。

120626image047.jpg

120626image049.jpg

120626image051.jpg

訪れた時期は軽井沢の「町花」サクラソウが一面に咲いておりましたが、これからは様々な山野草を楽しめますので、お花好きの方はカメラを持って是非訪れてみてください。

120626image053.jpg

ひかり苔もありました。

120626image055.jpg

近くには、まさにこれからのホタルシーズンを迎える「蛍の里」も。

120626image057.jpg

次に軽井沢ではこんな楽しみ方も!と、いうことで渓流釣りのご案内です。
先ほどの釣堀とは違いマニア必見です。
忍耐の必要な釣りですが、そこはそれ、海釣り好きでもありチャレンジャーでもあります私が初めて渓流釣りにトライしてみました。
入漁券を購入し3日目の早朝でやっとヤマメをゲットしました。

120626image059.jpg

120626image061.jpg

観光はともかくとして、ゆったり時間をお取りいただければ、まだまだ楽しみ方はたくさんござますよ〜。

最後にこれからのホテルイベントをご案内いたします。

【 軽井沢高原会席 】
夏の高原リゾートにて、料理長 出口 卓治の和洋コラボな創作料理をお楽しみいただきます。
林檎を食べて育ったブランド牛・信州プレミアムりんご和牛や、堆肥に林檎をまぜた田んぼで収穫されたお米、瑞々しい高原野菜などをお召し上がりください。

120626image063.jpg
[献立の一例]

●期 間:6月30日(土)〜8月31日(金)
●参加費:お一人様 3,150円
(グループ単位でのお申し込みとなります。)

【 ガーデンバーベキュー 】
夏の思い出作りに「昼食バーベキュー」はいかがでしょうか。
ご家族でワイワイ、木立の中でバーベキューやダッヂオーブンで焼く鶏の丸焼きなどなど、是非お楽しみください。

120626image065.jpg

●期 間:7月14(土)〜8月19(日)
●参加費:大人 3,150円 小学生 1,890円
●募 集:各日限定2組15名様まで。
 ※1グループ4名様以上にてお願い致します。

まだまだたくさんご案内いたしたいところですが、今回はこのへんで。
この夏は是非軽井沢に遊びにいらしてくださいませ。

120626image067.jpg120626image068.jpg
スタッフ一同お待ちいたしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加