メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

【GR有馬より】今がオススメ!!観光名所のご紹介

皆様はじめまして、GR有馬フロントスタッフの松井と申します。
10月よりGR有馬に赴任したばかり、まだまだ未熟ではありますが、精進してまいりますので会員の皆様どうぞよろしくお願い致します。

早速ではございますが、今回は有馬周辺の見どころをご紹介いたします。

有馬と言えば、金泉・銀泉、紅葉が有名で、紅葉は12月半ばまでが見頃です。

そして冬と言えば、近頃はイルミネーションです。
ここ有馬の近くにも実はありまして、フルーツフラワーパークで関西最大級の施設型イルミネーションを開催しております。
期間も2012年の1月17日までと長いですので、ぜひ一度足を運んでみてください。

それでは、定番の観光名所をご紹介いたします。

111202image001.jpg
【瑞宝寺公園】
瑞宝寺公園には、太閤秀吉が「いくら見ていても飽きない」と、ほめたという清閑な庭があります。
見ていると、時の経つのも忘れるという所から、別名「日暮らしの庭」とも呼ばれています。
休憩所が点在していますので、ゆっくり紅葉を楽しむことができます。

111202image003.jpg
【滝川】
鼓ケ滝から流れ出す水流で有馬川に合流します。
初夏には蛍が飛び交います。

111202image005.jpg
【滝の道】
ます池から鼓ヶ滝公園に続く道が「滝の道」です。
静かな、たたずまいの道で、夏には、カジカの声が聞こえます。

111202image009.jpg

111202image007.jpg
【こぶし道】
4月上旬〜下旬には、こぶしの花が稲荷神社や、あたご山公園に咲き誇ります。
稲荷神社から六甲有馬ロープウェイの有馬温泉駅に続く道を「こぶし道」と言い、道沿いには、虫地獄や鳥地獄の石碑がある他、六甲山へのハイキング・コースの入口にもなっています。
古くから、「辛夷の白い花がたくさん咲く年には、有馬温泉にたくさんのお客様がお越しになる」と言われています。

111202image011.jpg
【紅葉谷】
紅葉谷の名前のごとく、落葉樹の多い裏六甲山の、みごとな錦織なす紅葉で有名です。
春は山桜、夏は涼と山野草、秋の紅葉、冬の凍った滝というように、四季折々に楽しめるハイキング・コースとして人気があります。

111202image013.jpg
【落葉山】
有馬温泉を見おろす落葉山(標高533m)には、有馬温泉街にある観光総合案内所の裏手から登ることが出来ます。
現在、落葉山は、妙見寺の境内になっていますが、南北朝時代には、落葉山城(別名有馬城)があったと伝えられています。
落葉山は、人の立ち入ることの少ない為、珍しい種類の紅葉がたくさん残っています。

111202image015.jpg111202image017.jpg
【鼓ケ滝公園】
瑞宝寺公園とともに、名勝の地として知られる公園で、鼓橋を渡って滝道を上ります。
滝壺に落ちる水の音が周囲の岩に反響して鼓を打つ音に似ているところから、こう名付けられたとされています。
紅葉は他の有馬の地域より少し遅めのようです。

☆★−−‐‐・・・…イベント案内…・・・‐‐−−★☆

関西の奥座敷有馬温泉で「産地直送 旬の味」をお届けします。
111202image036.jpg
「蟹味噌朴葉焼」「姿蟹」「お造り」「焼蟹」「蟹鍋」「天婦羅」「雑炊」と、心ゆくまでカニをご堪能ください。
実施期間:2012年3月31日(土)まで
参 加 費:かに会席 お一人様 3,150円(税込)
     かに三昧 お一人様 5,250円(税込)

《有馬ちゃんこ鍋》
111202image037.jpg
冬場に定番の『お鍋』。そのなかでも『ちゃんこ鍋』は特に栄養満点で、身体も温まります。
料理長お薦めの『ちゃんこ鍋』、自慢の味を是非ご賞味くださいませ!!
実施期間:2012年1月31日(火)まで
参 加 費:お一人様 3,150円(税込)
 ※お正月の特別期間は実施致しておりません。

《料理長特別献立の夕食会》
111202image034.jpg
当ホテル料理長がその日限りの献立で皆様をおもてなしいたします。
実施日:12月22日(木)
参加費:お一人様 2,100円(税込)

以上、簡単ではございますがおススメスポット、当ホテルのご案内でございました。
最後までお付き合い頂きありがとうございます。

GR有馬は皆様の心休まるホテルを目指してまいります。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加