メニュー
Google+
  1. HOME
  2. 料理への取り組み

料理長おすすめ会席 水無月

ザ グラン リゾート プリンセス富士河口湖

料理長おすすめ会席

3年目の新境地 独自料理でお客様を笑顔に

ザ グラン リゾート プリンセス富士河口湖 料理長おすすめ会席

料理長おすすめ会席 料金:お一人様 1泊2食付 11,644(税込)~(オーナー様・メンバー様の場合)



 7月でオープンから2周年、ホテル立ち上げ時から腕をふるい続ける料理長森本は、ご愛顧への感謝と共に新たな情熱を燃やす。「初めて来られるお客様も少なくない。自分にしか作れない料理で一人でも多くのお客様を魅了したい。すべては皆様の笑顔のために」。6月の料理長おすすめ会席は、まさに新境地を開いた献立が勢ぞろい。一口ごとに笑みがこぼれます。 

 先付、八寸、椀は和食の真髄が貫かれ、味、見た目とも完成度はさすがの一言。造りは金目鯛をはじめ、新鮮な魚介がちりばめられ爽やかな食感が冴えわたります。今回特に注目すべきは、焼物と甲州ワインビーフのワイン煮。熱した石の上で焼くロブスター、トリ貝、イカは抜群の香ばしさ。珍味で知られる鮎のうるか(内臓の塩漬け)と絶妙に絡み合い、押し寄せてくるような風味に箸が止まりません。約1日かけじっくり煮込んだ牛肉の赤ワイン煮は、とろけるような柔らかさ。地元名産甲州ワインビーフは、上質なうまみが多く含まれると言われ、余すことなく贅沢に味わえます。
ザ グラン リゾート プリンセス富士河口湖 料理長おすすめ会席 水無月

左上:揚げ物は穴子東寺揚げ。胡麻豆腐と湯葉を重ね穴子の身で巻きました。口に入れた時、胡麻豆腐はとろり、湯葉はパリッ、穴子はふんわり。まさに食感の妙。

左下:牡丹鱧の椀は、ふっくら花開いた白身をほぐすと下から煎り米が。さらさらのど越しが良く、つるり滑らかな鱧との相性も絶妙です。

右上:ロブスター、イカ、トリ貝の焼物。まったりとした塩味の鮎の「うるか」をからめて焼き上げます。

右下:地元ブランド牛の甲州ワインビーフのワイン煮。良質な栄養を含むワイン粕を食べて育ち、柔らかな肉質とうまみが特徴。隠し味に白味噌を使い、和風の味わいもふんわり添えて。

ザ グラン リゾート プリンセス 富士河口湖
料理長 森本 哲央

料理長森本哲夫
  • 森本 哲央(もりもと てつお)
  • 1983年 5月20日に生まれ(東京都墨田区にて)
  • 2001年 高校卒業後、東京銀座の和食店にて修行
  • 2002年 カナダの日本料理店にて5年間修行
  • 2006年 帰国後、有馬温泉「古泉閣」にて9年間修行
  • 2011年 株式会社大倉 GRE熱海に料理長として入社
  • 2011年 プリンセス有馬 副料理長就任
  •       

  • 現在に至る。
  • 料理長について