メニュー
Google+
  1. HOME
  2. 料理への取り組み

新料理長 美食の饗宴 2

ザ グラン リゾート 天の橋立

料理長おすすめ会席

初夏ならではの味わい 丹後の幸に舌つづみ

料理長おすすめ会席

料理長おすすめ会席 料金:お一人様 1泊2食付 10,800(税込)~(オーナー様・メンバー様の場合)



「 料理の質は仕入れで決まる。」自信を持って語る料理長岡田の眼差しの先には、新鮮魚の造りをはじめ、トリ貝、のどぐろ煮付け、穴子しゃぶしゃぶ。新料理長に就任する前は、ホテルから程近い宮津の料亭に勤め、地元漁港に約2年間通い、漁師や業者から信頼を獲得。他では手に入りにくい良質な魚介を独自に入手できるまでに。その真骨頂こそが最高の地食材をふんだんに使った「料理長おすすめ会席」です。 まずは鮑、いちごにクリームチーズをまとわせた先付け。焼き八寸は、ぐじの山吹焼き、矢羽根イカ、板ウニ緋鯉など端午の節句を巧みに表現。造り5種盛りは、「その日水揚げされた選りすぐりの旬魚を使うので、当日までのお楽しみ」とにやり。都会ではお目にかかれない魚が混じるかも。乞うご期待。そして、ぜひ目と舌で堪能していただきたいのが、初夏限定の丹後のブランド、トリ貝。その大きさにまずびっくり、肉厚の身からじわり広がる甘みに二度驚きます。美食家の心を鷲づかみにする心憎い演出、日本海の旬味に舌踊らせるひとときをお過ごしください。
料理長おすすめ会席

右上:丸々と太った穴子は、甘みがあり口に入れるとほろり柔らか。梅肉たれでさっぱりいただきます。

右下:高級魚で知られるのどぐろは、煮付けにすると上品な甘さが舌でトロリ。 

左上:地元名物のトリ貝は、酢味噌をつけて豪快にかぶりつくもよし、野菜を包んで食べるもよし。独特の甘みがたまりません。6月末までのご提供。

左下:「その日の一番いい魚のみを使う」料理長のこだわりが詰まった造り5種盛り合わせ。新鮮だけにプリプリした食感が楽しめます。

ザ グラン リゾート天の橋立
料理長 岡田 勲

料理長 岡田 勲
  • 岡田 勲(おかだ いさお)
  • 1972年 広島県甘日市市(旧佐伯郡)宮島町生まれ
  • 1982年 大阪 北新地 由門にて日本料理の修業に入る
  • 1989年 大阪 リーガホテルアルザ泉大津入社よりリーガロイヤルホテル・ホテルモントレ大阪・仙台などで勤務
  • 2009年 京都府宮津市 料亭ふみや 料理長就任
  • 2011年 株式会社大倉入社 ザ グランリゾート天の橋立 料理長就任 現在に至る
  • 料理長について