メニュー
Google+
  1. HOME
  2. 料理への取り組み

ふぐ尽くしの宴

ザ グラン リゾート プリンセス富士河口湖

おすすめふぐ会席

photo-vol45_01

先付にはじまり、薄造り、焼物、唐揚げ、鍋物と豪華ふぐ尽くしの会席です。寒くなるほどにおいしいふぐ鍋の締めは雑炊。あたたかなひとときをお過ごしください。
● 料金:お一人様   1泊2食付 料理長おすすめ会席料金+1,620円(税込)

プリンセス富士河口湖では、今年からカニ会席をご用意いたします。カニとふぐ両方味わって
いただけますので、連泊の際にはぜひお召し上がりください。

ふぐ尽くしの宴で一年を締めくくる

photo-vol45_02

今年も残すところ一か月。
一年の締めくくりに、プリンセス富士河口湖でふぐのフルコースはいかがでしょうか。
寒さが増すにつれて空気が澄み渡り、ホテルから一望できる富士山の美しさも見事。クリスマスや忘年会、新年会など特別なひとときがさらに輝きを増します。
 ふぐ尽くしの宴は、先付のふぐ皮湯引きとふぐのたたきからスタート。あん肝ポン酢、大根おろし、マヨネーズで和えられ、ふぐ皮のコリコリとした食感、たたきの淡白な味わいと相まって、口当たり良くいただけます。

 次なる料理はメインの一つ薄造り。皿の模様が透けるまで食べやすく薄く引かれた身を一枚一枚はがすもよし、箸を皿に滑らせ豪快に食すもよし。しっかりとした歯応えとふぐならではのうまみが織りなす二重奏に思わず笑みがこぼれます。
 ふぐの照り焼きと唐揚げ、季節を彩る八寸を挟み、ふぐ鍋へ。ふうふう息を吹きかけ熱々の身を口に運ぶと、身も心も温まりほっこり。
締めの雑炊はふぐと野菜のエキスが余すことなく溶け込み、一度口にすれば忘れられないほどのコクにあふれた味わい。
一年の疲れがじんわり癒やされていきます。

photo-vol45_03

ふぐ皮湯引きとふぐのたたき コリコリとしたふぐ皮と弾力のあるたたきの食感が際立つ一品。身皮の舌触りもなめらか。
ふぐの唐揚げ お腹が満たされていても、箸が進みます。サクッと小気味良い衣に包まれたふぐの白身はほくほくしてやわらか。
焼きふぐ 醤油だれを丁寧に塗り重ねて味付け。焼き上がりの香ばしさがたまりません。
薄造り 甘みとうまみを増すために、仕入れたふぐを一日寝かした後、薄造りにしてさばきます。

ザ グラン リゾート プリンセス富士河口湖
料理長 森本 哲央

photo-vol45_04
  • 森本 哲央(もりもと てつお)
  • 1970年5月20日に生まれ(東京都墨田区にて)
  • 11988年高校卒業後、東京銀座の和食店にて修行
  • 1989年~カナダの日本料理店にて5年間修行
  • 1994年~帰国後、有馬温泉「古泉閣」にて9年間修行
  • 2011年 プリンセス有馬 副料理長
  • 2014年 プリンセス富士河口湖 料理長として勤務
          現在に至る
  • 料理長について