メニュー
Google+
  1. HOME
  2. 料理への取り組み

秋だけのご馳走 松茸会席-近江舞子-

ザ グラン リゾート 近江舞子のおすすめ

松茸と近江牛特撰会席

oumi_osusume

五感を刺激する松茸づくしの愉悦

 食欲の秋にふさわしい、松茸尽くしと近江牛の豪華な取り合わせ。松茸は八寸、椀物、鉄板焼き、炊き合わせ、釜飯をご用意しており、多彩な味わいを楽しんでいただけます。

 献立の中でも松茸の豊満な香りを堪能できるのが、鉄板焼きと釜飯です。目の前のコンロに火を通しながら食すだけに香りが濃厚。鉄板焼きは、A5ランク近江牛から立ち上る甘い香りと絡まり、出来上がりが待ちきれないほど。分厚い牛肉はとろけるように柔らかく、松茸の弾むような歯応えと絶妙なコンビネーションです。釜飯は、米一粒に松茸の風味がしみ込み、噛むほどにふくよかな香気が口中に広がります。

 料理長 清水が手を尽くした一品だけに八寸をはじめ、盛り付けは細やかで美しく、味わいは上品。五感のすべてを刺激する料理に舌も心も満たされます。

※写真の鉄板焼きは2人前の盛り付けです。

期間:10月21日(日)まで
料金:特撰会席料金に準じます

oumi_hassun

八寸

ウロリ佃煮(ヨシノボリの稚魚)、本諸子甘露煮菊花、川海老素揚げなど琵琶湖産の食材を盛り込み、季節感のある八寸に仕上げました。

椀物
清まし仕立て
帆立真薯

蓋を開けた瞬間、松茸と柚子皮の香りが立ち上ります。魚のすり身と帆立を混ぜ合わせた真薯は、弾力のある歯ごたえ。食材のうまみが凝縮しています。

oumi_wan

oumi_tsukuri

造り
5種盛り合わせ、
マグロ握り寿司

鯛、間八、帆立炙り、車エビ、鯉子付辛子酢味噌漬けにマグロ握り寿司二貫が付きます。鯛は愛媛県宇和島で養殖された3年物で、身が大きくうまみが濃厚。子付き鯉は琵琶湖産で、卵のプチプチとした食感が快い。

焼き物
松茸と
近江牛鉄板焼き

A5ランク近江牛のロースを厳選。ジューシーなうまみを堪能していただこうと分厚くカット。山葵、ネギ味噌、レモン、旨しょう油、ポン酢から選んで味付けし、召し上がっていただきます。

oumi_yaki

oumi_syokuji

食事
松茸釜飯

炊き上がるにつれて、松茸の香りがふんわり。風味豊かな釜飯です。

ザ グラン リゾート 近江舞子
料理長 清水 末広

GR近江舞子の清水料理長
  • 清水 末広(しみず すえひろ)
  • 1971年  香川県小豆島生まれ
  • 1986年  小豆島国際ホテルで修行を始める
  • 1990年  ジャンボクラブ有馬にて勤務
  • 1995年  宇奈月ニューオオタニで副料理長として勤務
  • 2007年  GR近江舞子オープンと同時に副料理長に就任
  • 2010年  GR近江舞子料理長に就任
  •       現在に至る
  • 料理長について