メニュー
Google+
  1. HOME
  2. 料理への取り組み

巧みな変化 秀逸極まる味わい-エレガンテ淡路島-

エレガンテ淡路島のおすすめ

osusume_awaji_kaiseki

提供期間 3月1日(水)~31日(金)

3月の特撰料理長おすすめ会席は、春らんまんの「花の島」淡路島にふさわしく百花繚乱。蕨や筍など青々と輝く春野菜、ひな祭りならではの色とりどりの料理がそろい、一品味わうごとに心が浮き立ちます。

特撰料理長おすすめ会席の魅力は、豊富な天然の魚介類。さらに料理長池内は、巧みの技で会席料理の流れに「変化」を作り、最後まで飽きさせません。今回の会席の山場は二つ、まずは桜の花びらにかたどられた氷の器に盛られた造り。身の締まった天然の桜鯛に、大ぶりで歯ごたえのある赤バイ貝、ぷりぷりの車エビ、甘みのあるイカ。


豪華な海の幸をたっぷり堪能した後、桜鯛と淡路牛の焼き物が運ばれると喜びは最高潮に。木の芽の軽やかな香りが桜鯛のうまみをさらに引き立て、鉄板の上で香ばしく炙る淡路牛は口中でほどけるほどの柔らかさ。秀逸極まるおいしさに満足感もひとしお。
淡路島に訪れたら、一度は最上の会席料理をお召し上がりください。

osusume_awaji_hassun

八寸

一品ごと丁寧に作りこまれ、華やかな春の季節を目と舌で楽しめます。

先付け

会席の始まりは、滑らかな食感のよもぎ豆腐から。

ほのかな春の風味がふんわりと広がります。

osusume_awaji_sakituke

osusume_awaji_wan

ひな祭りにちなみ、菱餅に見立てた蛤真薯に麩と人参を重ねて。

天盛りは蛤のむき身と木の芽。

osusume_awaji_sasimi

造り

桜の花びらにかたどった氷の器は料理長池内ならではの演出。

赤バイ貝はサザエよりも身が大ぶりで歯ごたえが柔らかく貝なら
ではの食感を存分に味わえます。車エビ、桜鯛、イカも鮮度抜群。

osusume_awaji_yakimono

焼き物

桜鯛は脂が乗り食感はぷりり。
刻んだ木の芽の香りが桜鯛のおいしさを引き立てます。

淡路牛は鉄板で炙りながら召し上がっていただきます。

osusume_awaji_takiawase

炊き合わせ

筍、蕗と明石タコの含め煮。

柔らかなタコの身からうまみがじんわり。

ちらし寿司

海老、穴子、イクラなど具材がぎっしり。

色合いのバランスも美しい。

osusume_awaji_tirasi

グラン リゾート エレガンテ 淡路島
料理長 池内 強

淡路料理長
  • 池内 強(いけうち つよし)
  • 1957年 愛媛県生まれ
  • 1975年 大阪北新地「料亭ぼたん」などで修行
  • 1982年 滋賀 料理旅館 三日月楼
  • 1984年 名古屋 会員制料亭 桜明荘
  • 1986年 京都 石塀小路睦己にて料理長を務める
  • 1987年 大阪国際グルメフェア氷彫刻
  •     コンクール 最優秀賞
  • 1988年 大阪国際グルメフェア氷彫刻
  •     コンクール 最優秀賞
  • 1989年 京都料理展示大会 市長賞
  • 1992年 全国氷彫刻展夏季大会 入選
  • 1994年 京都先斗町「花にしき」にて料理長を務める
  • 1996年 GRE淡路島オープン時より料理長を務める
  • 1997年 日本調理師連合会 師範
  • 2013年 京都好友会 会長
  •     現在に至る
  • 料理長について