2016/3/8 火曜日

【GR鳥羽より】海の風景と歴史ロマン

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 12:00

皆様こんにちは、平素はGR鳥羽をご愛顧賜り誠にありがとうございます。
今回ブログを担当するのは、GR鳥羽の支配人に就任し、はや6ヶ月が経過した 小野 です。宜しくお願い致します。

今回は、04月22日(金)に行う「GR鳥羽 第一回歩こう会」にて訪れる答志島、地元ガイドが案内する「海の風景と歴史ロマン」の下見に行って参りました。
答志島とは、伊勢湾最大の島で戦国時代に活躍した九鬼嘉隆にまつわる史跡です。

近鉄鳥羽駅から徒歩3分で佐田港フェリー乗場に到着
20163ia_r1_c1.jpg

まずはフェリーにて、答志島に渡ります(約25分)
20163ia_r3_c1.jpg
 
鳥羽の景色、島々の景色、野生のイルカなど見ているとあっと言う間の25分でした。ちなみに下の写真はイルカの写真です。分かりますか?
20163ia_r5_c1.jpg

20163ia_r7_c1.jpg
答志島の手前、和具で降りると漁師さん達が獲れたてのワカメを加工しており、すごく活気づいていました。ワカメは和具の特産品です。
 
九鬼水軍の将、九鬼嘉隆首塚までのウォーキングポイントです。
20163ia_r10_c1.jpg
 
景色の写真も撮りたかったのですが、モヤがすごくこの日は断念です。
20163ia_r14_c1.jpg
  
九鬼嘉隆胴塚、首塚、胴塚は日頃の運動不足のせいか息切れをしてしまいました。
20163ia_r16_c1.jpg
 
続いて、潮音寺の近くにある美多羅志神社の敷地内にある龍神さんに向う途中に答志島で生まれた歌の看板を見つけたので、写真に収めました。
20163ia_r21_c1.jpg

そして、答志島三大パワースポットの潮音寺と龍神さんです。
20163ia_r21_c4.jpg

富士見の丘からの景色です。右の写真の山が八幡神社、三つ目のパワースポットです。
20163ia_r18_c4.jpg

「八幡さん」と呼ばれる祭りがあり、若者たちが担ぐ「お的」の墨を島人が奪い合い家や船に「丸の中に八」を描き、大漁満足、家内安全を祈願する場所です。
20163ia_r12_c4.jpg

20163ia_r8_c4.jpg

答志島は自然が多く、島の人もとても気さくで、すれ違う方皆さん挨拶をして頂きます。また、とても親切な方が多く、自分の田舎に帰ってきた気分になり、とても落ち着き、おおらかな気分になりました。
 
 
鳥羽周辺には行ってみたい所、食べたい物が、まだまだあります。
特に5月には伊勢志摩サミットもあり世界的に注目される観光地ですので是非、この機会にザ グランリゾート鳥羽をご利用下さい。
スタッフ一同、また来たいと言われるホテル作りを目指しておりますので、今後とも、宜しくお願い申し上げます。
 
 
☆★今後のイベント情報★☆

03月17日(木) 〜 04月24日(日)
GR鳥羽、GR伊良湖連泊プラン
GR鳥羽とGR伊良湖に宿泊された方対象
特典1泊目 ワンドリンクプレゼント
特典2泊目 大倉ポイントカード2倍プレゼント

03月19日(土)
第2回 料理長安田の特別献立の夕食会
料金: おすすめ会席料金に準じる
料理長 安田 が腕によりをかけて特別献立をご用意いたします。

04月01日(金) 〜 04月28日(金)
志摩産 ケンケン鰹会席
料金: おすすめ会席料金に準じる
三重県の旬な食材“ケンケン鰹”を期間限定でご提供する特別会席です。

04月01日(金) 〜 04月08日(金)
とってもお得な料理ウィーク
ご宿泊者様対象
全会席をワンランクUPさせて頂きます

04月22日(金)
第一回 歩こう会
参加料: 宿泊代 + 1,620円
伊勢湾最大の島「答志島」の歴史やロマン、海の風景を地元ガイドさんの説明を聞きながら散策していただきます。

2015/11/18 水曜日

【 GR鳥羽より 】神宮ばら園のご紹介

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 8:30

平素はザ グラン リゾートをご利用頂きありがとうございます。

2015年10月よりGR鳥羽の支配人に赴任いたしました、 小野 浩二 と申します。
GR鳥羽に着任する前は、フロントスタッフとしてGR天の橋立から始まり、GRE淡路島、GR有馬、GR和歌の浦で勉強させて頂きました。
2014年にGR伊良湖の支配人に就任し、約1年の間、多くのお客様に支えていただき様々な勉強をいたしました。
GR鳥羽でも多くのお客様にご満足していただけるホテルを目指していきます。
20151104ayoyiy_r3_c1.jpg
これから皆様と一緒に楽しみ、色々な観光地を回りご案内出来るよう勉強し、快適なホテル作り目指し頑張って参りますので、皆様のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。
それでは、今回のブログを担当してくれる 橋波君 にバトンタッチします。

フロントスタッフの 橋波 でございます。地元の人でもあまり知らない、伊勢の観光スポットをご紹介したいと思います。

今回、ご紹介するのは「 神宮ばら園 」でございます。
伊勢神宮内宮から歩いてすぐ、神宮会館の裏山にあります。
神宮会館の駐車場入り口には石標がありました。
20151104ayoyiy_r15_c1.jpg

上り坂の駐車場を上っていったところにばら園はあります。
20151104ayoyiy_r2_c6.jpg

20151104ayoyiy_r7_c4.jpg

もともとバラは四季に咲く花ですが、神宮ばら園では春と秋の2シーズンだけに咲かせ、それ以外の季節のつぼみは摘んでしまい、木の負担を減らして開花時期に綺麗な花を長く楽しんでもらえる工夫をしているそうです。
それだけの手間暇をかけているだけあり、園内はきれいなバラが咲き誇っていました。
園内には120種類450株ほどのバラがあるそうです。
20151104ayoyiy_r14_c5.jpg

20151104ayoyiy_r22_c4.jpg

20151104ayoyiy_r1_c12.jpg

20151104ayoyiy_r5_c12.jpg

園内にはプリンセス・ローズといわれるプリンセス・ミチコ、プリンセス・マサコ、プリンセス・ハナコなど天皇一族の名前が付けられた珍しい種類のバラも多くありました。
20151104ayoyiy_r10_c11.jpg 20151104ayoyiy_r9_c18.jpg

20151104ayoyiy_r13_c10.jpg 20151104ayoyiy_r13_c17.jpg

秋の見頃は10月下旬から11月下旬までだそうです。
20151104ayoyiy_r17_c17.jpg 20151104ayoyiy_r21_c12.jpg

20151104ayoyiy_r21_c17.jpg 20151104ayoyiy_r25_c11.jpg

20151104ayoyiy_r24_c16.jpg

春は5月中旬から6月上旬が見頃だそうで、春の方が華やかで来場者も多いと言われていましたが、秋のバラも十分見応えがありました!

GR鳥羽に宿泊されて伊勢神宮 内宮を参拝される際には、是非立ち寄ってみてください。
ご宿泊の際にお気軽にお聞きください。詳しくご説明いたします。

皆様のご来館をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

★☆★ GR鳥羽からお知らせ ☆★☆

◆ おすすめ浦村産カキ会席
鳥羽の冬の味覚『 浦村産 牡蠣 』を贅沢に使った会席でございます。
是非この機会にお召し上がりください。
期間: 2015年12月01日(火) 〜 2016年02月29日(月) ※特別期間を除く
料金: 料理長おすすめ会席料金に準じる (お一人様・税込)

◆ 伊勢海老三品会席
三重の名産品『 伊勢海老 』を造り・焼物・煮物でお召し上がり頂けます。
料金: 特撰 料理長おすすめ会席料金に準じる (お一人様・税込)

◆ 伊勢海老と松阪牛会席
三重の名産品『 伊勢海老 』を造り・焼物で、『 松阪牛 』を鍋でご用意しております。
料金: 料理長おすすめ会席 + 5,400円 (お一人様・税込)

◆ 三重ブランド会席
三重の三大名産品の『 伊勢海老 』『 鮑 』『 松阪牛 』をお召し上がり頂ける贅沢な会席です。
伊勢海老をお造り、鮑を踊り焼で、松阪牛をお鍋でご用意しております。
料金: 料理長おすすめ会席 + 8,640円 (お一人様・税込)

2014/5/26 月曜日

【GR鳥羽より】三重の有名なパワースポット

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 11:56

ブログをご覧の皆様、いつもザ グラン リゾート、並びにザ グランリゾート鳥羽をご愛顧いただき有難うございます。

今回、ブログを担当させて頂きます、フロントスタッフの橋波(はしば)でございます。
GR鳥羽に配属されて約7か月になりました。
仕事には慣れてきましたが、まだまだ鳥羽の観光スポットは分らないことだらけですので、今回は勉強もかねて実際に出掛けてみました。
これから鳥羽のあまり知られていない観光スポットを、皆様にご紹介したいと思います。

数年前から、パワースポットがブームですよね!
三重の有名なパワースポットといえば、昨年の式年遷宮で多くの人が訪れている伊勢神宮ですが、その他にも鳥羽にはパワースポットが多々あります。

今回は、女性にお勧め。
三つの神社を巡る「鳥羽三女神めぐり」というコースをご案内いたします。

1.縁結びの神様 加布良古(かぶらこ)さん(伊射波(いざわ)神社)
2.女性の願いをひとつかなえてくれる石神(いしがみ)さん(神明(しんめい)神社)
3.安産・子宝祈願の神様 彦瀧(ひこたき)さん(彦瀧大明神)

三社をめぐり、女性の運気を上げるというものです。
男性の私でもご利益はあるでしょうか。

まずは、当館から車で10分ほどの所にある「伊射波神社(加布良古さん)」に行ってみました。
伊射波神社は、志摩の国の一の宮で外交に優れた神として良縁をもたらすとされています。

なかなか分かりにくい所にありますので、ちょっと迷いました。
ナビで出てこない場合は、「安楽島海水浴場」か「満留山(まるやま)神社」で入力すると、近くまで行けると思います。

車は、満留山神社横に5台ほど駐車できます。

140526image001.jpg

すぐ横には看板があり、神社まで約1.5キロ、徒歩20分ほどの道のりでした。

140526image002.jpg  140526image003.jpg

140526image004.jpg

こんな道や

140526image005.jpg

こんな道を

140526image006.jpg

ただひたすら歩いて行くと

140526image007.jpg

やった!海岸付近でやっと海に向かって立っている鳥居が見えました!

140526image008.jpg  140526image009.jpg

そこからまた・・・山の方へ上っていくと

140526image010.jpg

やっと到着!

140526image011.jpg  140526image012.jpg

140526image0131.jpg  140526image014.jpg

140526image015.jpg

東京や福岡など、遠方から来られている方もいらっしゃいました。

往復40分、波の音や鳥の鳴き声などを聞きながら歩くと、とても心が落ち着きました。
ハイキングなどにもちょうど良い距離ですが、歩きやすい靴で参拝されることをお勧めします。

次に女性の願い事をひとつかなえてくれるという「神明神社(石神さん)」に行きました。
神社のある相差は海女さんの町で、もともとは、海女さんの漁の安全を祈願する神社だそうです。
当館から車で約40分、鳥羽から志摩の方面に向かいます。
ナビに海女文化資料館と入力すれば近くまでスムーズに行けます。
車を海女文化資料館に駐車して、そこから歩いて5分ほどで神社に着きます。

海女文化資料館(無料)

140526image016.jpg  140526image017.jpg

相差の石神さんは『あまちゃん』ブームで、テレビで紹介されることが多かったため、町全体が綺麗に整備されており、新しい観光地という感じがしていました。
境内までの通り道には、地物の海草や色々な珍しい商品を置いてあるお店もありました。

また、お昼には海女さんが獲ってきた伊勢海老やアワビ、うに飯やお餅など相差で獲れた旬のものを海女さんの話を聞きながら、楽しく食べさせてくれる海女小屋体験なるものが 何ヶ所かで行われているようです。予約制ですので事前の連絡が必要です。

ご予約は相差観光協会 TEL:0599-33-6411まで。

10時と15時には、お茶やお菓子で海女さんの話が聞けるティータイムもあるそうです。
ランチタイム(1時間) 3,500円〜、ティータイム(1時間) 2,000円

神明神社の境内へ

140526image018.jpg  140526image019.jpg

本殿は、残念ながら現在建て替え中で、今年12月には完成するそうです。

140526image020.jpg

次に当館から車で15分ほどのところにある、安産・子宝祈願の神様、「彦瀧大明神(彦瀧さん)」に行きました。
国道167号線を志摩の方へ。
加茂中学校の方へ曲がり、道なりに行くとたどり着きます。
ナビで河内神社と入力し、河内神社よりもう少し山奥へ進むと… 道路上に彦瀧神社の看板が見えてきます。

140526image021.jpg  140526image022.jpg

この看板の右端のところに車を駐車し、ここから歩いて5分程です。

のどかな田園風景を眺めながら

140526image023.jpg

140526image024.jpg 140526image025.jpg

もう少し進むと小さな滝があり

140526image026.jpg

その先に彦瀧大明神があります。

140526image027.jpg 140526image028.jpg

140526image029.jpg

すぐそばに川が流れているので、とてもひんやりしていて、マイナスイオンを全身に感じました。

ゆっくりまわりたいけど、時間があまりなくて…そんな方のために!
鳥羽駅の向かいにある「鳥羽一番街」と言う、お土産物屋やレストランが集まる商業施設の中に、三女神の願い箱があり、願い事を書いてその箱に入れて置くと、スタッフの方が代わりに各神社に届けて奉納してくれるそうです!
140526image030.jpg

1階には石神さん(神明神社)

140526image031.jpg

2階には加布良古さん(伊射波神社)

140526image032.jpg

3階には彦瀧さん(彦瀧大明神)があります。

140526image033.jpg

2階のサービスカウンターでは、お守りも販売しています。
行かれてみてはどうでしょうか?運気もアップしそうです。

また、鳥羽・志摩方面には多くの展望台があり、独特なリアス式海岸などを眺めることができます。
【鳥羽展望台】 当館より車でパールロードを30分志摩方面へ

140526image034.jpg 140526image035.jpg

この日は最高のお天気でした!

【横山展望台】 当館より車で賢島方面へ40分

140526image036.jpg 140526image037.jpg

見事なリアス式海岸!
車でお出掛けの方は、是非立ち寄られてはいかがでしょう。

鳥羽市周辺には風光明媚な場所が、まだまだたくさんあります。
是非、ご宿泊の際には、私にお気軽に声をかけてください。
お勧めのスポットをご案内させていただきます。
皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

2014/2/17 月曜日

【GR鳥羽より】二見観光スポットのご紹介

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 10:22

皆様、初めまして。
昨年11月よりGR鳥羽で働いておりますフロントスタッフの橋波 佑(ハシバ ユウ)と申します。大阪府出身の22歳です。働き始めて3か月目になりますが、まだまだ分からないことばかりで、勉強の毎日を過ごしております。早く一人前になって、お客様に最高のおもてなしができるようになりたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。
140217image001.jpg

さて、今回は当館より車で15分ほどの二見(ふたみ)という地域の観光スポットを
ご紹介したいと思います。
二見といえば、夫婦岩がとても有名ですよね!

140217image002.jpg

夫婦岩は二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)内にあります。

140217image003.jpg 140217image004.jpg
140217image005.jpg 140217image006.jpg

ご祭神の猿田彦大神は天孫降臨の際に道案内を務めたことから「道開き(導き)の神」とされ、この神の神使はカエルとされております。そのため神社内には多くのカエルの置物が置かれています。

140217image007.jpg 140217image008.jpg140217image009.jpg

このカエルが道案内を務めたことから、お伊勢参りが無事できるように道案内してくださる神様ともされており、外宮・内宮とお参りする前に二見興玉神社をお参りするのが正式なお伊勢参りだとも云われており、観光客の方もたくさんいらっしゃいました。

また二見には賓日館(ひんじつかん)といわれる歴史資料館もあります。

140217image0010.jpg

もともとは伊勢神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として建てられたもので、国の重要文化財になっています。

140217image0011.jpg 140217image0012.jpg140217image0013.jpg 140217image0014.jpg

この二見地域では2月4日(火)〜3月9日(日)まで、おひなさまめぐりin二見が開催されています。

140217image0015.jpg

これは二見地域の様々なところでお雛様が展示されているというものなのですが、この賓日館が特に多く、江戸時代から最新のお雛様まで約1,500体が展示されています。

140217image0016.jpg 140217image0017.jpg

式年遷宮で使われたご神木を使ったご神木雛や

140217image0018.jpg

世界遺産に登録された富士山をイメージしたものや

140217image0019.jpg

お雛さまが合唱しているようなユニークなものまであります。

140217image0020.jpg 140217image0021.jpg

また、あでやかな十二単なども展示されています。

140217image0022.jpg 140217image0023.jpg
140217image0024.jpg 140217image0025.jpg
140217image0026.jpg

館内は、とても華やかな感じで色々なお雛様があり見所いっぱいです。

お雛様は一部屋ずつ飾られており、とにかく展示品の多さには圧倒されました!

この期間、老若男女楽しめるスポットだと思いますので、ぜひ鳥羽に泊まられた際はお出かけになられることをお勧めします。

また、ホテル周辺には鳥羽・伊勢・志摩方面と一日では回り切れないほどの観光スポットがありますので、連泊されてゆっくりとお過ごし頂くこともお勧めです。
これから、季節的にも良い時期になりますので、お伊勢参りの際には是非ザ グラン リゾート鳥羽にお出でいただきます様、宜しくお願いいたします。

《ザ グラン リゾート鳥羽からのお知らせ》

※伊勢海老三品コース(お一人様5,250円アップ)
伊勢海老姿造り、伊勢海老鬼殻焼、伊勢海老具足煮を含む会席。

※伊勢海老と松阪牛コース(お一人様7,350円アップ)
伊勢海老三品コースプラス、松阪牛のしゃぶしゃぶ。

※三重ブランド会席(お一人様10,500円アップ)
伊勢海老姿造り、アワビ陶板焼き、松阪牛しゃぶしゃぶ
三重の三大食材を使った大満足の会席。お祝い事にはお勧めです。
いずれの会席も御一人様からご用意させていただけます。是非一度ご賞味ください。

140217image0027.jpg

伊勢海老のお造りと旬のお造り盛合せ(一人前)

2013/7/30 火曜日

【GR鳥羽より】夏本番!GR鳥羽周辺海水浴場のご紹介

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 16:09

暑中 お見舞い申しあげます。

毎日暑い日が続いて、蓄熱型体形の私(熊谷)には、地獄のような日々が続いております。
そこで今回は、皆様にも少しだけ涼んでいただこうかと思い、ホテル周辺のオススメ海水浴場をご紹介させていただきます。

spacer1.gif

《 鳥羽市営安楽島(あらしま)海水浴場 》
ホテルより車で15分
駐車料金(1日) 800円

鳥羽市唯一の市営海水浴場で、岩場もあるので生きものの観察などもできます。
こじんまりとした浜辺で、小さいお子様連れには最適です。

20130730image001.jpg

20130730image003.jpg

さすがに市営だけあって、シャワー、更衣室、トイレは無料で新しいです。

唯一の難点は、場所がわかりにくいところで、ナビポイントは、『鳥羽市営安楽島海水浴場』で入力してください。
ナビの無い方は、 ホテルフロントに地図をご用意しておりますので、持って行かれたほうが無難かと思います。
spacer1.gif

《 千鳥ヶ浜海水浴場 》
ホテルより車で30分
駐車料金(1日) 700円
spacer1.gif
鳥羽十景に数えられる全長500mの遠浅海岸。
砂も細かく沖合いまで続く遠浅は魅力です。
spacer1.gif
パラソルの持込は有料ですのでご注意を!

20130730image005.jpg

こちらは、駐車場からすぐ海岸に行けるのが一番の魅力で、大きな海岸では一番オススメです。
また、近くに女性の願い事を1つだけ叶えると云われる石神(いしがみ)さんと呼ばれる女性に人気の神社もあり、帰りに立寄られることをお勧めします。

spacer1.gif
《 白浜海水浴場 》
ホテルより車で25分
駐車料金(1日) 1,000円

こちらも遠浅で、砂もきめ細かく海水もきれいです。
食堂、売店もあり、ゴムボートなどのレンタル用品(有料)もそろっています。

20130730image007.jpg

唯一の難点は、駐車場から浜辺まで100m程が坂道の為、お帰りの際はご高齢の方には厳しいものがあります。
ただ、近くに昨年の9/17のGR鳥羽のブログで紹介させて頂きました『海の博物館』がありますので、お爺ちゃん、お婆ちゃんには、そちらでゆっくりと過ごしていただくのが得策かと思います。
車で5分です。

spacer1.gif

《 二見浦(ふたみうら)海水浴場 》
ホテルから車で15分
駐車料金(1日) 1,000円

明治15年に日本で初めての海水浴場として誕生した由緒あるビーチで、大正天皇もここで泳がれたと言われています。

ただ、あまり大きなビーチではなく正直、あまりオススメではありませんが、二見浦と言えば、あの有名な夫婦岩がある所です。
これまた、お爺ちゃん、お婆ちゃんがご同伴の場合はこちらで観光していて頂くのがオススメです。
国指定重要文化財の賓日館(ひんじつかん)や赤福、お福餅のお店も近くにありますので、お茶を飲みながら過ごしていただけます。

20130730image009.jpg

二見浦にお出かけの際には、途中にあります道の駅『蘇民(そみん)』に是非お立寄りください。

20130730image011.jpg

店内には、地物の特産品が色々販売されています。
個人的にはあべかわ餅がオススメです!
また、店の裏手には見事なハスの花畑がまさに見頃を迎えておりました。

20130730image013.jpg

spacer1.gif
《 ホテル鳥羽小涌園(こわきえん)のビーチ&プール 》
ホテルより車で15分
spacer1.gif
まさしくプライベートビーチ!
ホテルの所有するビーチだけあってとても綺麗です。
フロントスタッフも一押しのビーチです!

20130730image015.jpg

施設も充実していてホテル前にはプールも完備!
海水浴だけではなく、ちびっ子広場もありフィールドアスレチックも楽しめます。
spacer1.gif
遊び放題の半額券がGR鳥羽にございますので、大人600円、幼児400円でご利用いただけます。
spacer1.gif
リッチな気分をお求めなら、こちらがオススメです。
spacer1.gif
《 今が旬! アワビの特別料理 》
鳥羽湾の豊富な海藻類を食べて育ったアワビを是非、ご賞味ください。
料理長、大江が腕によりをかけて調理いたします。
spacer1.gif
調理方法 : お造り、踊り焼、ステーキからお選びいただけます。
料金 : 3,150円〜4,200円
(大きさによって変りますので、ご人数に合わせてご注文ください)
spacer1.gif
伊勢海老もご用意できますので、お好きな調理方法でお召上がりください。
spacer1.gif

《 アワビステーキ 》

130730image018.jpg
spacer1.gif
《 伊勢海老姿造り 》
通常会席のお造りプラス伊勢海老(1人前)

20130730image019.jpg

spacer1.gif
他にも色々な会席コースがございますので、お好みに合わせてご注文ください。
ご不明な点はホテルにお問合せください。

ご来館、お待ち申しあげます。

2013/2/25 月曜日

【GR鳥羽より】お子様向け施設のご案内

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 20:25

相変らず寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
GR鳥羽 支配人の熊谷です。
早いものでGR鳥羽に赴任して、あっという間の一年が過ぎてしまいました。
鳥羽には、伊勢神宮をはじめ色んな名所がありますが、今回はお子様向けのローカルな場所をご案内したいと思います。

と、その前に、昨年11月からフロントで頑張ってくれているニューフェイスをご紹介させてください。舞鶴出身の、道林 匠(ドウリン タクミ)君、26歳独身です。
その名前の珍しさから、すぐにお客様に名前を覚えてもらえるという、特技の持ち主です。
またその純朴さから、お子様からご年配の方まですぐに仲良しになれる性格ですので、今後とも宜しくお願いいたします。
ちなみに、前職は米作りに勤しんでおりました。

130225image001.jpg

さて、今回は鳥羽におこしになる道中にあります、『五桂池ふるさと村』をご案内いたします。
ホテルより伊勢方面に向かって約30kmにある、玉城ICを下りて約2km、道沿いに各施設が並んでおります。

130225image003.jpg 130225image005.jpg
道中、見かけた畑の風景。
背丈、2メートルも無い不思議な木々・・・何の木だろう?
と、二人で頭を傾げつつ、ふるさと村に到着!

130225image007.jpg

駐車場は結構あるのに、どこも満車。なにやら嫌な予感が・・・

道を挟んで向かい側の池には、定番のペダルボートがずらり。

130225image009.jpg 130225image011.jpg
白鳥号(30分1,300円)の周りにはお出迎えのアヒルたちが。

130225image013.jpg
こちらが向かいの、おばあちゃんの店。
自然農法にこだわった農作物をはじめ、色んな物が販売されていました。

130225image015.jpg 130225image017.jpg
柿の皮?糠床用です!            手作りの切干大根各種

130225image019.jpg 130225image021.jpg 130225image023.jpg
130225image025.jpg 130225image027.jpg 130225image029.jpg
色んな種類の干し柿     お漬物類           美味しそうな菓子餅類

130225image031.jpg 130225image033.jpg
とうきび粉と餅粉を使ったこの地域の名物です。     新米もいろんな種類が。

時間もお昼時。
ふふふ・・今回の私の1番の目的であるレストラン『まごの店』を訪れる瞬間がついにやってきた!
2011年5月から放映されていた、『高校生レストラン』と言うドラマの舞台がまさしくここ!
長くなるので、詳しい内容はインターネットでお調べいただくこととし、さっそく入店。

130225image035.jpg 130225image037.jpg

130225image041.jpg 130225image039.jpg

ん?

完売いたしました!

完売いたしました!…

まだ午後1時を過ぎたところなのに…

あり得ない…

しかも、未だに順番を待つ方々が…

甘かった。嫌な予感はこれだったのか。

中の様子は、大勢の方がいらしたので撮影は無理でしたが、なんでも朝9:30より順番待ちの予約表が存在するとか。
聞いた話では、限定250食完売で閉店らしいです。
建物内の人気のスイーツコーナーも当然のごとく売切れ!調理師を目指す高校生の熱意のこもった料理食べたかったな〜。
営業日は事前に要確認!との事。
基本的には、土日祝しか営業しておりません。高校生には、勉強もテストもありますからね。
次回、春休みを狙うしかないか!と言う訳で、道林と私は、お隣の『ふるさと食堂』へ逆戻り。
こちらの食堂も、最初は空いてたものの、料理ができた頃には、家族連れのお客さんでいっぱいに。
危ないところだった…
ここでは悔しさもあって、一番高価な『まごころ御膳』1,000円を注文いたしました。

130225image043.jpg 130225image045.jpg
こちらが外観。                眺めを楽しみながら足湯に浸かれます。

130225image047.jpg 130225image049.jpg
う〜ん シンプルで美味しかった!     こちら先程の名産品『ときび餅』付き!

130225image051.jpg 130225image053.jpg
ふるさと食堂の裏手には、グラウンドとバーベキューができる場所があります。
食材以外は全てそろっているので手ぶらで来ても大丈夫。なんと、予約制のロッジが20棟もあり宿泊も可能です。

130225image055.jpg 130225image057.jpg
良蔵、利左衛門、伊八、勘蔵、などなどロッジの名前に屋号が使われているのもユニーク。

さて、腹ごしらえもすんだ事ですし、動物園でも行きますか!

130225image059.jpg 130225image061.jpg
こちらが、花と動物ふれあい広場です。  ウサギたちも気持良さそうにお昼寝タイム。

130225image063.jpg 130225image065.jpg
ぬいぐるみかと思うほど動かなかったロバ君。  看板近くまで出て来てくれたダチョウ君。

130225image067.jpg 130225image069.jpg 130225image071.jpg

130225image073.jpg 130225image075.jpg 130225image077.jpg

130225image079.jpg 130225image081.jpg 130225image083.jpg

けっこう動物たちを間近に見れて、えさをやることもできます。
GR鳥羽にお越しの前に行かれる際は勢和多気I.C下車10分、お帰りに寄られる際は、玉城I.C下車7分の所にあります。
季節により、みかん・柿・イチゴ狩りも楽しめます。
最初の低い木々は、実は柿の木で、収穫しやすいように低木にしているとのことです。
是非、一度お立寄りください。

【五桂ふるさと村】
三重県多気郡多気町五桂956
TEL:0598-39-3860
第二火曜日定休(8月は除く)
HP:http://www.furusatomura.taki.mie.jp/

―近隣イベント情報―
夫婦岩近くの重要文化財『 賓(ひん)日館(じつかん) 』では、3月3日まで、ひな祭り展が行われています。
約1,000体の、お雛様が展示されておりますので、ぜひこの機会にお立寄りください。

130225image085.jpg 130225image087.jpg 130225image089.jpg

130225image091.jpg 130225image093.jpg 130225image095.jpg

130225image097.jpg 130225image099.jpg 130225image101.jpg

130225image103.jpg 130225image105.jpg 130225image107.jpg

130225image109.jpg 130225image111.jpg 130225image113.jpg

『 賓(ひん)日館(じつかん) 』
三重県伊勢市二見町茶屋566-2003
TEL:0596-43-2003
HP:http://hinjitsukan.com

2012/9/17 月曜日

【GR鳥羽より】おススメ観光スポットのご紹介

Filed under: 鳥羽 — 鳥羽 @ 10:45

まだまだ残暑厳しい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
GR鳥羽支配人の熊谷です。

今回は、これから秋に向けて私お勧めの観光地『海の博物館』をご紹介いたします。

ホテルより志摩方面に向かって車で約20分、『パールロード』と呼ばれる海沿いの景色の良い道を目指していただくと、白いアーチ型の橋が見えてきます。(博物館は、この橋から3.5km)

120917image001.jpg

このあたりは、牡蠣の養殖が盛んな土地柄で、パールロードに入りますと、博物館までのいたるところに、”牡蠣 1,000円食べ放題!”とか、”牡蠣 1,000円詰め放題!”のお店があり、その場で新鮮な牡蠣を焼いて食べさせてくれます。

そうこうしてるうちに、ホテルから車で約25分で到着!

これが入口の看板です。

120917image002.jpg

海に関する資料が58,000点、その内、国指定重要文化財が6,879点も展示されています。
展示棟などの建物も、塩害を防ぐ為に木材が多用されており、日本文化デザイン賞や日本建築学会賞等、数々の建築物の賞も受賞されています。

こちらが入口

120917image003.jpg

展示棟はこんな感じです。

120917image004.jpg

賞を受けるだけあって、オシャレです。

120917image005.jpg

さあ、いよいよ中へ。

どなたが作られたのか、精巧な模型がいっぱい。

120917image006.jpg

船の断面。

120917image007.jpg

120917image008.jpg

伊勢、志摩で獲れる魚介類が・・これ模型です!すごいリアル!

120917image010.jpg

こちらは、神々に捧げられる品々。永年の人々の思いが感じられます。
その内容は、御箸から清酒まで31品目にも上ります。

120917image012.jpg

こちらは大吉龍。

120917image013.jpg
これ、すべて牡蠣貝で作られています。
その他にも、今でこそ商売繁盛の神様で有名な恵比寿様ですが、鯛を抱いているように古くから漁師さんの神様だそうです。

こちらが、豊臣秀吉が1592年と1597年に行った朝鮮半島出兵の折、日本水軍の大将として参加した九鬼嘉隆の新造軍船『日本丸』です。

120917image016.jpg

九鬼水軍として名を馳せた九鬼嘉隆ですが、茶道にも造詣が深い一面もあったとか。
なんとなく、優しそうですけどね。

120917image018.jpg

こちらは重要文化財の一部である木造船が所狭しと並べられた収蔵庫です。
いろんな地域の木造船がありますが、どれも立派!

120917image020.jpg

120917image022.jpg

120917image024.jpg

木造船の造り方や、その道具なども展示されています。
こちらがマキハダと呼ばれるヒノキの樹皮で、仕上げの段階で板と板の隙間をこれで埋めて水漏れを防ぐものです。

120917image026.jpg

こちらは昔のカツオ漁の様子です。
今でもカツオ漁は三重県漁業のエースで、一本釣りで獲った『戻りカツオ』は絶品です。

120917image028.jpg

カツオから見た漁師たちの姿はこんな感じでしょうか?

120917image030.jpg

なんとも人情味あふれた志摩半島の海女さん。

120917image032.jpg

戦後は6,000人いた海女さんも近年その数が減ってきてはいますが、今でも1,000人近くの海女さんがアワビを狙って潜っています。
中には80歳で現役の方もいらっしゃるとか。

120917image034.jpg

志摩地方には、海に潜った後に暖を取っていた海女小屋で、海女さんの話を聞いたり、とれとれの魚介類を小屋で焼いて食べさせてくれる海女小屋体験なるものもあります。

120917image036.jpg

こちらが、明治25年生まれで、漁師から日本潜水事業の先駆者となった藤原豊吉さんが作った潜水艇『東海号』と自力移動を可能にした『白鯨号』です。

120917image038.jpg

白鯨号を魚目線で前方から覗いてみたら・・・こんな狭い所に可哀想になあ(お魚談)

120917image040.jpg

この様に、海の博物館には人間と海の関わりあいをテーマにした、あらゆる資料が『どんなものでも集める』という方針の基に今も集められています。
今後、ますます増え続ける資料に期待したいです。

また、この他にもフォトギャラリーやカフェテラスがあり、子供さん向けの体験学習館では季節に合わせた体験学習を用意してくれていますので、年齢を問わず楽しんで頂ける施設としてお勧めいたします。

ここからさらにパールロードを4km程進んで頂くと、360度の展望が楽しめるパールロードの鳥羽展望台があり、リアス式海岸の美しさを堪能していただけます。

鳥羽駅からもパールロード経由のカモメバスで行くことができます。
平日は「海の博物館東前」バス停(徒歩10分)、土日祝は「海の博物館前」バス停(徒歩1分)をご利用ください。
(海の博物館前は土日祝のみ、ご利用可能です)

『海の博物館』
〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68
TEL:(0599)32-6006
H P:http://www.umihaku.com

皆様のGR鳥羽へのご来館、スタッフ一同心よりお待ちしております。

次のページ »

Copyright (c) 2008 THE GRAN RESORT All rights reserved