2016/4/12 火曜日

【GRE白浜より】白浜エネルギーランドのご紹介

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 12:00

皆様いかがお過ごしでしょうか?
GRE白浜の 浜名 です。
外はすっかり春の陽気。澄み渡る青空と、暖かい日差しが心地いいですね。

今回パンパンファミリーといっしょにご紹介するのは、ホテルから車で約5分、お散歩ついでに立ち寄れる穴場観光スポット「白浜エネルギーランド」です。

20160323coei_r1_c1.jpg

20160323coei_r4_c1.jpg

20160323coei_r1_c3.jpg

エントランスを入りますと、すぐに「アロサウルス」の骨格標本が出迎えてくれました。

20160323coei_r4_c3.jpg

エネルギーランドのキャラクター「エネゴン」と意気投合しているパンパン。

20160323coei_r2_c5.jpg

まずは、この「ミステリーゾーン」へ行ってみましょう。

20160323coei_r2_c7.jpg

あれれ、まっすぐ立てない!

20160323coei_r7_c5.jpg

このへんてこな階段もなんかおかしい、手すりがないと登れません。

20160323coei_r7_c7.jpg

摩訶不思議な体験のあとは、足湯でリセットですね。

20160323coei_r9_c1.jpg

そして次はトリックアート。

20160323coei_r11_c7.jpg

おやおや?どちらも同じ絵なのに、見る角度で違ってみえますよ。

20160323coei_r9_c3.jpg

お、キリンと仲良しになったのかい?

20160323coei_r14_c5.jpg

つかまっちゃった!

20160323coei_r13_c7.jpg

あぶない!たべられちゃうよ!!

館内は「映像体験」「不思議体験」「健康体験」の3つのテーマに分かれており、この他にも、「360°3Dシアター」、「ジャングル迷路」に「トリック迷路」、未来都市のミニチュアでエコ学習ができる「太陽の街」。そしてこの夏にオープンする新アトラクションなどなど。
遊びながら学べる楽しいアトラクションが盛りだくさんです。

大人も子供も楽しめるエネルギーランドへぜひお出掛けください。
 
 
【GRE白浜のイベントのご案内】

20160323coei_r18_c3.jpg

20160323coei_r17_c5.jpg

20160323coei_r17_c7.jpg

2015/12/9 水曜日

【GRE白浜より】秋を探して奇絶峡〜龍神温泉

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 8:30

ようやく肌寒さを感じるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
時期としては秋たけなわ!ということで、紅葉狩りを楽しもうと海の町白浜から、山へ出掛けてみました。

20151208image001.png

今回のドライバーは日景君。安全運転でお願いしますよ。
もちろん、浜名支配人とパンパンファミリーも一緒です。

南紀田辺インターに程近い田辺バイパス秋津町交差点から、県道29号線を約5キロ走ると、奇絶峡(きぜっきょう)に到着しました。

20151208image002.jpg

案内看板にもあるように、この時期紅葉の名所として親しまれているところです。

20151208image003.jpg

紅葉の名所のはずですが!何としたことでしょう、見渡す限り「みどり」一色。

20151208image004.png

瀧のある風景は、涼みにきたような雰囲気でした。紅葉はもう少し後のようですね。

それでは場所を移してもう少し山奥へ。
龍神温泉まで足を延ばしてみることにしました。

20151208image005.jpg

途中に「紀州備長炭記念公園」があったので、寄ってみました。

20151208image006.png

20151208image007.png

備長炭に関する資料がたくさん展示されていました。
龍神温泉へ行く前にもうひとつ、県道29号線から国道425号線に突き当たり、左方向へ。
道の駅「水の郷 日高川龍遊」に寄り道してみました。
少し秋を感じる写真その,任后

20151208image009.jpg

支配人ファミリーのパンダのぬいぐるみポンポンが気にして、銀杏の葉っぱを取ってきてくれました。
大丈夫だよ、ポンポン。龍神温泉まで行けば綺麗に色づいてるよ。

20151208image010.png

龍神温泉に到着です。
風情のある佇まいがいい雰囲気ですね。
しかし!こちらもまだ、紅葉には早かったようです。

20151208image011.jpg

それでも紅葉は、そこまで来ています。

20151208image012.jpg

20151208image013.jpg

結局、今回は紅葉をお見せすることはできませんでしたが、
このブログを読んで、皆様がお越しいただく頃には、いい具合に色づいているでしょう。
この秋は皆様ぜひ白浜へ。旬の「クエ」、料理長自慢の「しし鍋」など、この時期ならではの美味しいお料理と、アットホームなスタッフが皆様のお越しをお待ちしております。

20151208image014.png

20151208image015.png

2015/9/15 火曜日

【 GRE白浜より 】紀勢自動車道開通のご案内

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 8:30

夏休みも終わって、季節は秋の装いへと変わろうとしています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、既にお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、GRE白浜に、この夏迎えた新しいスタッフをご紹介します。
20150904coeiyoyiy_r1_c1.jpg

この度、7月よりGR鳥羽からGRE白浜に来ました、 道林 匠(どうりん たくみ) です。
珍しい名前ではありますが、皆様に気軽に声を掛けて頂ける様、笑顔を絶やさず頑張っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

20150904coeiyoyiy_r2_c8.jpg
07月12日に南紀田辺〜南紀白浜間(14キロ)が開通した「紀勢自動車道」が、08月30日に周参見(すさみ)までの24キロが開通したそうなので、早速、道林君とパンパン家族で、ドライブがてら出掛けてもらいました。

20150904coeiyoyiy_r4_c15.jpg 20150904coeiyoyiy_r3_c11.jpg
景色にほっとします。日置川を渡りました。

20150904coeiyoyiy_r1_c19.jpg
ホテルを出て、約40分で終点「すさみ南」インターまで来ました。

20150904coeiyoyiy_r11_c2.jpg 20150904coeiyoyiy_r10_c5.jpg
インターから国道へ出ると、「道の駅 すさみ」が目の前です。

20150904coeiyoyiy_r9_c9.jpg
ちょうどこの日がプレオープンだったようで、ラッキーでした。

20150904coeiyoyiy_r9_c12.jpg
すさみ町のマスコットキャラ「イノブータン大王」が迎えてくれました。

20150904coeiyoyiy_r13_c21.jpg 20150904coeiyoyiy_r12_c19.jpg
20150904coeiyoyiy_r20_c3.jpg
店内の様子。美味しそうなものがたくさん並んでいます。

20150904coeiyoyiy_r19_c9.jpg
併設の「エビとカニの水族館」はまだ準備中でしたが、もう間もなくオープンの予定です。

「すさみ」までの開通により、本州最南端が更に近くなりました。
また、世界遺産「熊野古道」や本宮・新宮・那智の熊野三山へお参りの際は、ぜひ、ザ グラン リゾート エレガンテ白浜をご利用ください。

20150904coeiyoyiy_r19_c13.jpg

20150904coeiyoyiy_r18_c19.jpg

2015/6/12 金曜日

【 GRE白浜より 】那智勝浦のご紹介

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 8:30

20150604coeiyoyiy_r1_c3.jpg
ブログをご覧の皆様、
いつもザ グラン リゾートをご愛顧くださり、まことにありがとうございます。
3月20日からGRE白浜で支配人をさせていただいております 浜名 と申します。
ザ グラン リゾートに勤務して21年、たくさんのお客様に支えられ、ご指導いただきながら、ようやく生まれ育った和歌山県に錦を飾ることができ、本当にお世話になった皆様に感謝しております。

今回は白浜での初めてのブログということで、愛しのパンダのパンパンファミリーと取材兼家族サービスをしてきました。
どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

20150604coeiyoyiy_r5_c2.jpg
5月27日、快晴。
GRE白浜では、紫陽花も咲き出し、いよいよ夏も目の前といったところです。
そして今日は、絶好のドライブ日和!ということで、パンパンファミリーと一緒に那智勝浦まで足を伸ばすことにしました。

20150604coeiyoyiy_r9_c2.jpg
出発の時点で28.3℃。すでに“夏”到来?
この日の最高気温は28.9℃でした。

20150604coeiyoyiy_r14_c2.jpg
ホテルを出て1時間ほど。すさみ町の「 夫婦波観潮 」で休憩しました。

20150604coeiyoyiy_r16_c2.jpg
太平洋から押し寄せる波が手前にある「 陸ノ黒島 」で二つに分かれ、
再び陸地と「 陸ノ黒島 」との間の海上で2つの波が巡り合います。
手を合わせる夫婦に似ていることからこの名前が付いたそうです。
ちょっと、パンパン聞いてる?

20150604coeiyoyiy_r18_c2.jpg
そこから、さらに1時間、ホテルから約2時間で、勝浦に到着しました。
ピンピンもポンポンもお疲れさま。

この地域は、温暖な黒潮とリアス式海岸の影響により天然の良港がいくつかあり、中でも勝浦漁港は南紀で随一といわれるほどのよい港だそうです。
そして、那智勝浦といえば、「 まぐろ 」の町。
今日の一番の目的は、「 まぐろ 」です。

『 紀州勝浦産生まぐろ 』は、はえ縄漁船による天然まぐろであり、 漁獲されたまぐろを一本一本丁寧に活け締め処理し、船内において 冷水保存(氷温)することにより、漁獲された直後の新鮮さと品質を保ったまぐろです。

残念ながら、この日のまぐろの水揚げはありませんでしたが、まぐろ漁船が帰ってきたときは、サイレンを鳴らして町中に知らせるそうです。

20150604coeiyoyiy_r20_c1.jpg
港には足湯もあります。

さて、少し歩いてお腹もすいてきたので、お目当ての「 まぐろ 」をいただきにいきましょう。まぐろくじら料理の「 桂城 」さんにお邪魔して、まぐろ定食をいただきました。

20150604coeiyoyiy_r1_c7.jpgあぁ、これこれ。それは焼いて食べるんだよ。

【 まぐろ定食 】 1,600円(税込)
まぐろ刺身
まぐろカツ
まぐろそぼろ煮
かじき鉄板焼き
まぐろつみれ汁

ん〜、まぐろ満喫!おいしゅうございました。
全部おいしかったんですが、やっぱり刺身が一番かな。満足しました。

帰りに「 橋杭岩 」に寄ってみました。

20150604coeiyoyiy_r3_c7.jpg串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付きました。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天邪鬼が一晩で橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっています。
吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています。

わかった?パンパン。それと次のイベントの紹介忘れずにお願いね。

20150604coeiyoyiy_r7_c8.jpg
20150604coeiyoyiy_r11_c7.jpg
まもなく白浜の夏の到来です。
海水浴、アドベンチャーワールド等見どころ満載です!!
GRE白浜でも今後様々なイベントを実施してまいりますので、ブログをご覧いただいた皆様とお会いできる日をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

2015/3/9 月曜日

【GRE白浜より】白浜ウォーキング

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 8:30

150309image001.jpg

やわらかな日差しが気持ちのよい季節になりました。
ザ グラン リゾート エレガンテ白浜からは、4月19日(日)に企画しています、
「白浜ウォーキング」のコースをレポートします。

ホテル出発は午前9時45分。
まずはウォーミングアップを兼ねて、千畳敷を目指しましょう。

150309image002.jpg

ほどなく、右側にあらわれる、なにやら怪しい建物。
なになに?スパイダーマンに鉄人28号、アイアンマンに宇宙人。あれこれにぎやかしく揃っていますが、こちらは「ソルマーレ南紀荘」民宿です。大変目につきますね。

150309image003.jpg

千畳敷に着きました。ここまで約1kmを15分で歩きました。それなりのペースですね。
次は三段壁に行ってみましょう。

150309image004.jpg

150309image005.jpg

岩場を歩いて三段壁に到着。千畳敷からここまで約1km、只今時間が10時18分ですので、こんなもんでしょう。

150309image006.jpg

三段壁の売店です。見えます?サザエに焼きイカに生ビール。
ここらで一服したいとこですが、先はまだまだ長いので、どんどん行きましょう。
ウォーミングアップはここまで、ここから平草原までの約2kmは少し坂道がありますので、
気合をいれて参りましょう。

150309image007.jpg

平草原までの途中で、白浜ゴルフクラブの間を抜けていきます。

150309image008.jpg

といってるうちに、平草原です。時間は10時47分、約30分かかりました。
坂道を上ってきた割には、いいペースですね。
平草原では梅が咲いており、空の青と、花のピンクのコントラストがとても綺麗でした。
桜も咲いていましたよ。

150309image009.jpg

150309image0010.jpg

150309image0011.jpg

花を眺めて少し休憩。ここから一気に下って、山神社へ向かいます。

150309image0012.jpg

平草原から山神社まで約1km、出発10時55分、到着11時10分、15分ですね。
山神社からは、白良浜を経由して熊野三所神社へ行きましょう。約2.5kmです。

150309image0013.jpg

熊野三所神社の前にちょっと寄り道して、円月島を見にいきました。

150309image0014.jpg

熊野三所神社です。時計は11時48分なので、2.5km約30分でした。
神社の中を通って海側へ出ると、丁度ホテルの対岸となり、見慣れない景色が広がります。

150309image0015.jpg

150309image0016.jpg

ここまでくれば、ゴールは目前。約1.5kmでGRE白浜です。

150309image0017.jpg

そして、帰ってきました。お疲れさまでした。
全コース約9km、所要時間約2時間半でした。
今回はイベントの下見でしたので、昼食はとりませんでしたが、「白浜ウォーキング」当日は
平草原でお弁当を食べていただく予定です。ぜひ皆様ご参加ください。

2014/12/9 火曜日

【GRE白浜より】紀州焼 陶芸大会

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 21:25

20141209image001.png

今回は、ホテルから車で約10分で行ける紀州焼の窯元「葵窯」さんにお邪魔し、陶芸を体験してきました。でもその前に、腹が減ってはなんとかなので、ランチに行くことにしました。

こちらはホテルから三段壁方面へ車で約3分のところ、歩いてでも行けてしまう、ナギサビール直営のレストラン「バーリィ」です。

20141209image002.jpg

20141209image003.jpg

さりげなく、伝票ホルダーの裏側に「ナギサビール」の宣伝。ん〜飲みたくなりますね。(^^)

20141209image005.jpg 20141209image004.jpg

おいしそうなメニューが並ぶ中、平日限定の週替りランチをチョイス。
プレートの3点とスープ、サラダ、ライスがついて980円。お味はもちろんのこと、結構ボリュームも
あり、これで腹ごしらえは完璧。

さて、それでは参りますか。

20141209image006.jpg 20141209image007.jpg

白浜空港の下を潜り抜けて、しばらく車を走らせると左側に見えてきました。「葵窯窯元」

20141209image008.png

陶芸初体験なので、少々緊張感が漂うなか暖簾をくぐると、二代目寒川栖豊さんが迎えてくださり、
まず2階の作品展示場へ案内されました。

20141209image009.jpg

20141209image011.jpg 20141209image012.jpg

20141209image010.jpg 20141209image013.jpg

作品を見せていただきながら、せっかく二代目が色々と説明してくださったのですが、頭に残っているのは「表千家」、「裏千家」、「那智黒」ぐらいでしょうか。すみません、何分初めてなもので。(^_^;) そんなことより、「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とか言いながら、気になっていたのは、実はこれ。

20141209image014.jpg 20141209image015.jpg

20141209image017.jpg 20141209image016.jpg

20141209image018.png

そんなこんなで、場所を一階の工房に移して、いよいよ陶芸体験です。
陶芸体験は栖豊さんのご子息、三代目が講師となってくださいました。

20141209image018.jpg

最初に底を作って、

20141209image019.jpg

棒状の粘土を積み上げていきます。

20141209image020.jpg

形を整えながら、大きさに注意して、

20141209image021.jpg

積み上げた粘土の継ぎ目を丁寧に埋めながら、

20141209image022.jpg

お、なかなか良い感じに仕上がったようで。
この状態でお預けして、若干の修正を加えていただいた後、

20141209image023.jpg

この窯で焼きます。
焼き上がりまで約一ヶ月ということなので、年内には出来上がりそうです。
成願(じょうがん)くん、楽しみやね、鍋のガラ入れ。え?マグカップ?
GRE白浜では、この陶芸体験の参加希望者を下記の要領で募集中です。

日  時 / 平成27年1月18日(日)
時  間 / 13:00〜15:00 (12:30ホテル集合、15:30ホテル解散)
前日又は当日ご宿泊の方対象
費  用 / 2,500円から

陶芸は、今回が初挑戦でしたが、気軽に簡単に楽しむことができました。
皿に絵を描くだけのコースもありますので、小さなお子様もお楽しめそうです。
ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

他にも、この時期とっても美味しい鍋料理や、料理長の特別献立の夕食会など、
多彩なイベントをご用意して、皆様のお越しをお待ちしております。

20141209image025.jpg 20141209image024.jpg

20141209image027.jpg 20141209image026.jpg

2014/9/19 金曜日

【GRE白浜より】 南紀白浜をご案内

Filed under: 白浜 — 白浜 @ 8:30

皆様、はじめまして。
この度、GRE白浜に新しく赴任しました、“成願 亮/じょうがん あきら”です。
あまり聞くことのない名前ですが、この名に負けぬようお客様の「願い」を「成す」ために、誠心誠意のおもてなしをモットーとして、皆様にご満足いただけるサービスを提供すべく日々励んで参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

140916image001.jpg

今回のブログは、私が南紀白浜の良いところをご案内いたします。
まず初めに、空の玄関口【南紀白浜空港】です。

140916image0002.jpg

ターミナルビルの前のオブジェ。
これは、南紀白浜のシンボルとして親しまれている円月島、正式には「高嶋」といいますが、これを模した形になっています。
円月島といえば、この秋ライトアップが予定されていますよ。
日程は、9/20(土)、27(土)、10/4(土)、11(土)19:30〜21:00となっています。

と、そんなことを言っていると、なにやら甲高い金属音が響いてきました。
これはもしかして?と展望台へ駆け上がると、まさにグッドタイミング。
羽田行きが搭乗口から離れて、ちょうど出発するところでした。

140916image0003.jpg

白浜〜東京間を飛んでいるのは、エンブラエル170(E170)76人乗りです。
後方に見えるのは、アドベンチャーワールドの観覧車です。

140916image0004.jpg
さぁ、テイクオフ!いってらっしゃ〜い。
白浜〜羽田間は1日3往復、羽田まで約70分。
ということは、なんと大阪へ行くより近い!
空港から、白浜駅行きのバスに乗って新湯崎で降りれば、約10分でもうホテルは目の前。
空港ロビーには、レンタカーもありますのでアクセス抜群!!
関東圏のお客様、是非ご来館お待ちしています。

140916image0006.jpg  140916image0005.jpg

次に参りましたのは、「紀州熊野の名水・南紀白浜富田の水」
南紀白浜富田の水は岩盤地下90メートル(海面下70m)の地下水脈よりポンプなしで、 日量150トンも自然に噴き上げる全国でもまれな自噴する深井戸水で、推定100年以前の水と言われています。
地下水圧が高いため、地表水が混入することなく、きれいな状態で自噴するこの水は、かの有名なモンドセレクションにおいて、2002年から2014年にかけて、13年連続で最高金賞を受賞しているという、とんでもない水です。
商品としてパッケージングされている水もありますが、給水所では10リットル100円で買うことができます。
取材中も、車にいくつものポリタンクに積んで、水を汲んでいました。
富田の水は軟水で、弱アルカリ性の天然水だそうです。

140916image0007.jpg

最後に訪れましたのは、「海鮮せんべい南紀白浜」
ここのすごいのは、全部試食できる〜!
今回は時間の都合で割愛しますが、全種類を試食したらきっと満腹になり動けなくなると思います。
コーヒーも無料で飲めるんですよ。
う〜んどこまでも太っ腹。
いずれチャレンジしようと思います。
他には工場見学コーナーがあり、せんべいの製造工程が見学できるようになっていたり、産直ショップが出店していたりと、お土産以外にも結構楽しめる施設です。
せんべいの試食はしてないのですが、暑かったせいもあり、最後にソフトクリームをいただきました。
これがまた、うまかったぁo(≧〜≦)o

140916image0009.jpg  140916image0008.jpg

140916image0009.jpg  140916image0010.jpg
いかがでしたでしょうか、今回のレポート。
お楽しみいただけたでしょうか?
皆様もよくご存知のところだったとは思いますが、新たな観光スポットを探しておきますので、どうぞご期待ください。

140916image0012.jpg

GRE白浜では、9月1日から10月31日まで「秋闌(あきたけなわ)」と題して、「松茸会席」と「松茸と鮑の特選会席」の二本立てで秋の味覚をお届けしており、既に多くのご好評を頂戴しております。
当日のご用意は致しかねますので、誠に恐れいりますが必ずご予約にてお申込ください。
また、10月31日(金)には、料理長鎌田の特別献立の夕食会も企画しておりますので、万障お繰り合わせの上、ご予約ご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
皆様のお越しを従業員一同、心よりお待ちいたしております。

次のページ »

Copyright (c) 2008 THE GRAN RESORT All rights reserved