2016/3/24 木曜日

【GR天の橋立より】丹後七姫伝説の地をご紹介

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 9:00

皆様、いつもお世話になっております。
GR天の橋立の支配人 刀谷(かたなや) です。
  
今回は丹後七姫伝説の地を訪ねてきました。
丹後には7人の美女にまつわる伝説が語り継がれており、七姫ゆかりの神社や足跡を伝えるスポットが存在します。
七姫とは細川ガラシャ、小野小町、羽衣天女、安寿姫、静御前、乙姫、穴穂部間人皇女の7名です。
その中で、羽衣天女と静御前ゆかりの地を訪ねてきました。

まずは静御前ゆかりの静神社です。
1603coaiiyoyiy_r1_c4.jpg

源義経の寵愛を一身に受けた美しい白拍子の静御前は、京丹後市網野町に生まれたとの説があります。
源頼朝よって義経と引き離され、義経の子も生後直ぐに殺されてしまいます。悲しみにくれる静は故郷へ戻り、この地で20余歳の短い生涯を終えたとの言い伝えがあります。
静の死を悼んだ村人達は、静神社を建立し、彼女の御霊を慰めることにしたとの事です。
1603coaiiyoyiy_r3_c4.jpg

静生誕の地の碑の目の前には日本海の雄大な景色が広がります。
日本の夕日百選に選ばれている夕日が浦にも近く幻想的な風景が眺められます。
静神社 京都府京丹後市網野町磯 ホテルより車で約50分。

続いて訪れたのは乙女神社です。
1603coaiiyoyiy_r5_c5.jpg

乙女神社は「丹後国風土記」にある「羽衣伝説」には八人の天女が登場します。
現在の京丹後市峰山町の真奈井の池で八人の天女が水浴びをしていたところ、一人の天女の羽衣だけ見つかりません。
和奈佐という老夫婦がこっそり羽衣を隠してしまったのです。
その後仕方なく老夫婦と暮らし始めた天女は酒造りを行い老夫婦はお金持ちになります。
その後、天女は家を追い出されてしまい他の村に移り住んだという伝説があります。
天女の娘の一人がまつられているとされる乙女神社では、お参りをすると美女を授かるといわれています。
乙女神社 京都府京丹後市峰山町鱒留 ホテルから車で約40分。
 
 
さてGR天の橋立では2月より 岡田 勲 料理長が就任いたしました。
1603coaiiyoyiy_r7_c4.jpg

1972年広島県甘日市市(旧佐伯郡)宮島町生まれの 岡田 料理長から一言。
冬の日本海の王様・蟹料理だけでなく伊根の鰤、初夏には日本一の宮津のとり貝、そして関西の夏の味、鱧。伊根や舞鶴の岩牡蠣、栗田の赤鯵。秋にむかって鰤や太刀魚など素晴らしい食材が揃います。食材の味を損なわず工夫した料理を作り出していきたいと思います。
 
 
ここでザ グラン リゾート 天の橋立からイベントのお知らせです。
★ 料理長 岡田 お披露目ご夕食会 ★
参加費 料理長おすすめ会席料金に準じます。
開催日 04月23日(土)
翌24日には2500年の歴史を持つ丹後最古の祭礼「葵祭」が元伊勢籠神社であります!
1603coaiiyoyiy_r9_c1.jpg

★ 宮津とり貝会席 ★
参加費 特撰料理長おすすめ会席料金に準じます。
開催期間 05月09日(月) 〜 06月30日(木)
全国ブランドである宮津のとり貝は大きさ、肉厚、味と三拍子揃っています。
とり貝のお造り、焼き、天婦羅をご用意しております。
※仕入れの都合上、3日前までにお申し込み下さいませ。
1603coaiiyoyiy_r11_c3.jpg
※イメージ写真

傘松公園の春の風景。
これからの季節、展望台からの眺めは格別です。
1603coaiiyoyiy_r13_c2.jpg

1603coaiiyoyiy_r15_c6.jpg
(左からフロント 高野 、フロント 吉田 、岡田 料理長、刀谷 支配人)
今年7月にオープン35年を迎えますザ グラン リゾート 天の橋立で皆様のお越しをお待ちしております。

2015/11/22 日曜日

【 GR天の橋立より 】京都府舞鶴のご紹介

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 12:00

皆様、いつもお世話になっております。
GR天の橋立、支配人の 刀谷(かたなや) です。
今回のブログは、京都府舞鶴を訪れました

先ずは、ホテルから車で約60分の「 五老スカイタワー 」です。
五老スカイタワーは、舞鶴の五老ケ岳の山頂にあり海抜325メートルに建設された展望施設です。舞鶴湾の美しいリアス式海岸と舞鶴市街地の眺望が楽しめます。
201511aiiyoyiy_r2_c9.png

この眺望は「 近畿百選 」第一位に選出されています。
201511aiiyoyiy_r1_c3.png

五老スカイタワー
所在地: 〒624-0912 京都府舞鶴市上安237
電話番号: 0773-66-2582
入場料金: 大人200円 小中学生100円

続いて訪れたのは自衛隊舞鶴地方隊「 海軍記念館 」です。
201511aiiyoyiy_r1_c1.png

明治34年東郷平八郎中将を初代司令長官として鎮守府が設置され、軍港の街として発展してきた舞鶴。旧海軍機関学校大講堂の一部を利用して設置された資料館で、旧海軍関係の記念品、資料など200点あまりが展示されています。
201511aiiyoyiy_r5_c7.png

数々の貴重な資料が簡単な手続きをすれば無料で見学できます。近くにある以前訪れた自衛隊桟橋にも行ってみました♪
201511aiiyoyiy_r9_c8.png

海軍記念館
所在地: 京都府舞鶴市余部下1190
電話番号: 0773-62-2250 内線2208 (海上自衛隊舞鶴地方総監部 広報係)
※土・日・祝日の10:00〜15:00に一般公開(無料)
※業務等の都合により、見学できない場合があります。
事前に自衛隊舞鶴地方隊のホームページでご確認ください

最後に訪れたのは「 舞鶴引揚記念館 」です。
2015年09月28日にリニューアルオープンしました。
201511aiiyoyiy_r1_c5.png

「 岸壁の母 」の歌とともに全国に知られる引き揚げのまち舞鶴。昭和20年10月07日に引揚第1船「 雲仙丸 」が舞鶴に入港して以来、13年にわたり66万人以上の引揚者と1万6千柱の遺骨を迎え入れ、多くの喜びと悲しみのドラマが生まれました。
引揚の地を見下ろす小高い丘に、昭和45年「 引揚記念公園 」が設けられ、展示されている多くの貴重な資料は、訪れる人々に平和の尊さを語りかけています。
201511aiiyoyiy_r7_c7.png

201511aiiyoyiy_r11_c8.png

引揚記念館収蔵資料が2015年10月10日にユネスコ世界記憶遺産に登録されました。
リニューアルされた館内はクイズが楽しめるコーナーや、引揚にまつわる様々な資料があります。
201511aiiyoyiy_r13_c8.png
かつての引揚船を迎え入れた港を見下ろす丘は公園として整備されており美しい港を眺められます。

舞鶴引揚記念館
所在地: 京都府舞鶴市字平無番地
電話番号: 0773-68-0836
開館時間: 09:00 〜 17:00 (入館は16:30まで)
休館日程: 毎月第3木曜 (8月と祝日を除く) 年末年始
入館料金: 一般 300円 / 学生 150円

GR天の橋立からイベントのお知らせ
★カニフェスタ ご参加費 3,240円(税込)
開催日 01月17日(日)、01月31日(日)
かに料理食べ放題、ドリンク飲み放題の大人気イベントです!
201511aiiyoyiy_r15_c8.png
去年のカニフェスタの模様。料理長佐野が腕をふるいます。

★「 2016年07月にGR天の橋立はオープン35周年を迎えます。」
35周年に向けて、今後様々なイベントを企画しております。
皆様のお越しを従業員一同、お待ちしております。

2015/9/14 月曜日

【 GR天の橋立より 】北近畿鉄道施設のご案内

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 12:30

皆様、いつもお世話になっております。
グランリゾート天の橋立 支配人の 刀谷(かたなや) です。
今回のブログは、北近畿の鉄道施設を巡りました。

先ずは、ホテルから車で約30分の「加悦SL広場」です。
加悦SL広場は、かつてこの地にあった小さな鉄道で使用されていたSLが展示保存されています。加悦鉄道は丹後ちりめんの輸送や大江山で発見されたニッケル鉱石の輸送など担っていましたが昭和60年に60年間にわたる歴史に幕を降ろしました。
201508aii_r1_c1.jpg

ノスタルジーにあふれる、木造駅舎は日本の駅舎100選に紹介された旧加悦駅を復元したものです。
大正時代の代表的な洋風建築でしたが今は、2階が展示スーペースになっております。
201508aii_r3_c3.jpg

切符型の入場券を持って中に入ると様々な列車が展示されています。
実際に食事の出来る食堂車や日本で2番目に古いSLをはじめ珍しい車輌が27両もあります。実際に見て触って乗れる、親子で楽しめる施設です。

201508aii_r4_c5.jpg
加悦SL広場
京都府与謝郡与謝野町字滝941-2  TEL 0772-42-3186

つぎは京都丹後鉄道です。
2015年4月より北近畿タンゴ鉄道から名称変更しました。天橋立駅を出発し西舞鶴行きの観光列車「あかまつ2号」に乗車しました。
201508aii_r2_c7.jpg

乗車券に指定券を購入し車内へ行くと木製の車内にソファやカウンターがあり本棚には鉄道の絵本があります。アテンダントのおねえさんからは記念乗車証を手渡されました。JR九州の「ななつ星」や和歌山電鐵の「たま電車」を手がけた工業デザイナー水戸岡鋭治氏が、天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマにデザインを手がけています
201508aii_r9_c10.jpg

ぬくもりのある車内から見える景色は真っ青な日本海!テンションがあがります。
奈具海岸では一旦停車し車窓からの景色を楽しめます。最後にタンゴディスカバリーとあかまつと一緒に記念撮影しました。
201508aii_r11_c9.jpg

201508aii_r13_c11.jpg 約50分で西舞鶴駅へ着きました。

「あかまつ」の他にも観光列車は森の中を走る「あおまつ」、ダイニング列車「くろまつ」があります。
201508aii_r16_c8.jpg

201508aii_r15_c15.jpg

京都縦貫自動車道が7月に全線開通し大変便利になりましたが、列車の旅も良いものです。「くろまつ」にはスイーツ列車もあり今度は是非乗車したいものです。
ザ グラン リゾート天の橋立にご来館の際には是非お立ち寄りください。
スタッフ一同ご来館を、心よりお待ちしております。

〜 ザ グラン リゾート天の橋立からイベントのお知らせ 〜

★料理長佐野 特別献立ご夕食会
ご参加費 :  料理長おすすめ会席に準じます。
開催日 :  10月17日(土)
料理長佐野がその日限りの献立をご用意し皆様をおもてなし致します。
201508aii_r19_c13.jpg

★「第一回 天の橋立釣り親睦会」
ご参加費 :  大人 2,160円  小学生 1,080円  幼児 無料
開催日 :  10月3日(土) 10:30 ホテル集合
手ぶらOK!初心者歓迎です!宮津海洋釣り公園にて行います!

★「名月会席」
ご参加費 :  料理長おすすめ会席に準じます。
開催期間 :  10月31日(土)まで

★「特選おすすめ松茸会席」
ご参加費 :  特撰 料理長おすすめ会席に準じます。
開催期間 :  10月31日(土)まで
但馬牛と松茸のすき焼きがメインの会席です。

2015/6/2 火曜日

【GR天の橋立より】 ファミリーでお楽しみいただける施設のご紹介

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 8:30

皆様、いつもお世話になっております。
ザ グラン リゾート天の橋立 支配人の刀谷(かたなや)です。
今回は、ファミリーでお楽しみいただける施設を巡ってきました。
 
先ずは、ホテルから車で25分の「丹後王国」です。
以前は「あじわいの郷」という施設名で親しまれてきましたが、4月から新しい名前でリニューアルオープンしました。

150528image001.jpg

取材に行った日は好天にも恵まれ施設内の花や緑が美しく、ファミリーやツーリングを楽しまれているお客様で賑わっていました。
「丹後王国」は丹後の「食文化」が集結した西日本最大級の道の駅で、京都府産の地場野菜や地ビール、お肉の店がたくさんあります。
パンやアイスクリームの手作り体験施設やゴーカートなどの遊具、動物とのふれあいも楽しめます。

150528image002.jpg

続いては、ホテルから車で30分。栗田半島にある「魚っ知館(うおっちかん)」です。
電気について学べるエネルギー展示室や水族館、魚と遊べるタッチングプールなど楽しい施設が盛りだくさんでした。
こちらも、多くのお子様で賑わっていました。なんでも地元の方の遠足の定番だそうです。

150528image003.jpg

「タッチングプール」びしょびしょになりながら子供さんが遊んでいます。   私も魚と触れ合ってきました♪

水族館の入場料が300円で、その他のタッチングプールや公園は無料で遊べるお得な施設です。
水族館では、魚のランチタイムに遭遇しました。

150528image004.jpg

最後に訪れたのは伊根町の海上タクシーです。
1人 1,000円で小学生以下は無料です。
「亀島丸」船長の山田さんが、軽妙な語り口で映画「釣りバカ日誌」やドラマ「ええにょぼ」の舞台を30分かけて案内してくれます。

150528image005new.jpg

定番のカモメのエサやりや、舟屋の見学も楽しめます。

以上、夏にかけての行楽シーズンに向けて、おすすめの観光スポットをご紹介しました。
みなさまも、この夏 丹後半島に出かけませんか。

7月18日から11月15日まで、京都府7市町で「海の京都博」が開催されます。
http://www.uminokyotohaku.jp/
各自治体では期間中様々なイベントが予定されており、
7月には京都縦貫道が全線開します。
京都市内から約70分でGR天の橋立まで来れるようになり益々便利になります!

150528image006.jpg

ザ グラン リゾート天の橋立からイベントのお知らせ
★料理長佐野 特別献立ご夕食会 ご参加費:料理長おすすめ会席に準じます。
開催日  7月25日(土)
料理長佐野がその日限りの献立をご用意し皆様をおもてなし致します。

150528image007.jpg

★「スペシャル料理ウィーク」
開催期間 6月7日(日)から6月13日(土)
料理長佐野が腕を奮って特別料理をご用意してお待ちしております。
当日ご宿泊のお客様全員対象です。

2015/3/6 金曜日

【GR天の橋立より】城郭めぐり

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 8:30

皆様、いつもお世話になっております。
ザ グラン リゾート天の橋立 支配人の刀谷(かたなや)です。
今回のブログは、城郭めぐりの好きな刀谷がホテルから行けるお城を巡ってきました。

先ずは、ホテルから車で20分の「伊久知城」です。
城といっても、お寺の裏山に碑が立っているだけです。
ただよく碑を見ると側面に「石川五右ヱ門出生之地」と刻まれています。

150306image001.jpg

天下の大盗賊として知られる石川五右衛門は、豊臣秀吉に反抗したヒーローとして語り継がれ、浄瑠璃や歌舞伎「楼門五三桐」にも登場します。
伝承によると伊久知城主 一色義俊の家臣の石川左衛門尉秀門の二男に五良左衛門という子がいました。この五良左衛門が石川五右衛門という訳です。
父 秀門は、後に秀吉によって殺されました。五右衛門は落ち延びて大泥棒になったというのです。五右衛門にとって、秀吉は憎き父の仇になるのです。地元には五右衛門の姉の子孫がいらっしゃるそうです。
※五右衛門の出生地には諸説があります。

続いては舞鶴にある、「田辺城」です。

150306image002.jpg 150306image003.jpg

舞鶴の中心部にあるこの城が有名になったのが関が原の戦いです。
東軍についた城主 細川幽斎はわずか500人の手勢で籠城しました。西軍の15,000人の兵に取り囲まれ絶体絶命のピンチです。
細川幽斎は、戦国一の文化人で古今和歌集唯一の伝承者である彼の死を恐れた天皇の勅使が来訪してその命を救いました。まさに「芸は身を救う」を立証するような出来事ですね。

続いては大江山を越えて福知山城へ向いました。
途中、大江山では鬼のお出迎えを受け、元伊勢皇大神社と天岩戸神社に立ち寄りました。
写真の黒木の鳥居は京都嵯峨野の野々宮神社以外には例がない古式なものです。
原生林と渓谷に囲まれた神秘的なところでパワーを授かったような気がします。

150306image004.jpg 150306image0015.jpg
150306image007.jpg 150306image006.jpg

※上記の写真では凄く吹雪いていますが、取材を行ったのは2月の上旬でしたので、このブログが載る頃には雪もないでしょう(^^)ご安心ください。

福知山城です。明智光秀が築いたお城で桜の名所です。

150306image009.jpg 150306image0010.jpg

150306image0011.jpg 150306image008.jpg
150306image0012.jpg

明智光秀は謀反人のイメージが強いですが、地元丹波では善政を敷いた事で慕われています。由良川に堤を作って、農民を水害から救った。また、農民が領主に収める税の一部を吸い取ってしまう地侍を退治、農民を助けた。当時としては珍しく側室を持たない愛妻家であったことなど。地元では大河ドラマの主人公へという運動が起きているくらいです。
ちなみにNMB48の山本彩さんも最近福知山城を訪れたと館内に新聞記事がありました。なんでも明智光秀が好きな武将だとか\(^0^)/

最後に我が城 グランリゾート天の橋立よりお知らせです。

★かにかにフェスティバル 参加費3,240円

開催日  3月8日(日)、22日(日)、29日(日)、4月1日(水)
かに食べ放題、ドリンク飲み放題、抽選会とお土産付きの人気イベントです。150306image005.jpg150306image0014.jpg150306image0013.jpg

★「料理長 佐野 特別献立ご夕食会」

開催日 5月16日(土) 参加費 お一人様 2,160円

★「地元食材おもてなし会席」★「但馬牛満喫会席」

4月2日(木)〜5月31日(日)※特別期間を除く
各会席 お一人様 参加費3,240円150306image0016.png

傘松公園と桜              ホテル前の桟橋から朝焼けの風景

皆様のお越しをお待ちしております!

150306image0017.jpg

2014/12/17 水曜日

【GR天の橋立より】傘松公園 紅葉の名所 ご紹介

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 8:30

いつもお世話になります。ザ グラン リゾート天の橋立 支配人の刀谷(かたなや)です。
11月6日のカニシーズンスタートから、大勢のお客様にご来館いただき誠にありがとうございます。
今回のブログはザ グラン リゾート天の橋立のご近所「傘松公園」と、近郊の名刹であり紅葉の名所であるお寺をご紹介いたします。

まずはお馴染みの「傘松公園」へ 

141215image002.jpg 141215image0011.jpg

ケーブルカーも運行していますが、おすすめはリフトでの移動です。  なかなか快適です♪

141215image0051.jpg

傘松公園に着けば「かさぼう」がお出迎え。
男の子の妖精だそうです。
運が良ければ会えますよ。

傘松公園では定番の股のぞき。快晴でとても気持ちよかったです^^

141216image009.jpg

141215image0071.jpg 141215image008.jpg

他にもこんなラブリーな場所があります♪ 
遠くは沓島(左)・冠島(右)が見渡せます。

141215image014.jpg 141215image0132.jpg

続いては、紅葉の季節 丹後の名刹めぐりをしました。
まずは傘松公園のお隣の「成相寺」西国28番札所です。
山上からのパノラマ展望台からの眺めは最高です。

141215image018.jpg 141215image0171.jpg

そして舞鶴市にあります。「金剛院」と「松尾寺」です。

141215image022.jpg 141216image021.jpg

「金剛院」平安時代開山の名刹です。関西花の寺3番札所です。         紅葉の絨毯

141215image0252.jpg 141215image026.jpg

「松尾寺」馬頭観音がご本尊の西国29番札所です。

141215image0292.jpg 141215image030.jpg

綾部市にある「安国寺」です。
室町幕府を開いた足利尊氏の生まれた産湯の井戸が有る足利氏ゆかりの名刹です。
静かで日頃の喧騒を忘れさせてくれます。

ザ グラン リゾート天の橋立周辺には、名所旧跡が多数あります。お立ち寄りの際はスタッフまでお気軽にお尋ねください。

ホテルからのおしらせ。

141215image0331.jpg

毎度おなじみの「かにかにフェスティバル」元気に開催しています。是非ご参加ください。
日程    1月18日(日)
      1月25日(日) 
      2月11日(水・祝)建国記念日 
      2月22日(日)
ご参加費 お一人様 3,240円

「スペシャル料理ウィーク」2月1日(日)〜2月7日(土)
期間中ご宿泊の方、全員が対象です。料理長佐野が腕によりをかけて皆様をお迎えします。

ザ グラン リゾート天の橋立へ
大阪梅田・神戸三宮発ツアーバス運行決定!!
★期間 12月20日(土)〜2015年3月7日(土)まで(帰りは3月8日(日)まで)
 ※三宮発は12月31日〜1月3日までの設定はございません。
★お一人様 1泊2食 14,290円から15,290円 
※(メンバー・オーナー様のご利用で梅かに会席の場合)
※メンバー種別・会席コース・出発日により料金は異なります。
★最小催行人数各日2名様より
※14日前の時点で最少催行人員に満たない場合、中止させていただきます。
※申し込み人数によってマイクロバス・JR等にご変更させていただく場合がございます。
★昼食代含みません。添乗員・スタッフなし
★丹後ライナーは、株式会社OK商事様との共同運行になります。
★天候、道路事情、故障等によるやむをえない理由で配車、出発、到着の遅れが出た場合でも、
 ご返金などはできませんので、あらかじめご了承ください。
★到着遅延に関しては旅程保証外の免責事項となるため、バス代金の払い戻しや補償はできません。

★行程
関西発  神戸(湊川神社)9:50出発→大阪うめだ(プラザモータープール)11:00出発
→ザ グラン リゾート天の橋立13:30頃着
丹後発  ザ グラン リゾート天の橋立11:00頃→橋立やまいち11:20〜11:50
→天橋立(自由昼食)12:00〜12:50→三ノ宮周辺15:30頃着→うめだ周辺16:30頃着

★キャンセル規定 旅行開始日前日からさかのぼって
7日〜2日前・・・30% 前日・・・40% 当日・・・50%
旅行開始後または無連絡不参加・・・100%

旅行企画・実施:株式会社大倉 ザ グラン リゾート
大阪府知事登録旅行業第2-1472号
国内旅行業取扱管理者:陶山晃

お問合せ、ご予約は 06-6353-1955まで

2014/9/3 水曜日

【GR天の橋立より】 GR天の橋立周辺 散策スポット

Filed under: 天の橋立 — 天の橋立 @ 12:01

皆様、いつもお世話になっております。
ザ グラン リゾート天の橋立 支配人の刀谷(かたなや)です。
今回のブログは、私の新しい相棒、フロントスタッフの高野と共に男二人旅でホテルから約1時間の舞鶴へ行ってまいりました。

まずは、丹後由良にありますハクレイ酒造さんへ立ち寄りました。

140827image030.jpg 140827image029.jpg

ハクレイ酒造さんは、江戸時代から続く宮津市の蔵元です。
酒蔵見学やお酒の試飲が楽しめ、お酒に使う仕込み水を使用した蔵元スイーツも販売しております。
写真は、柚子スパークリング酒と、香田古酒から出来た黒糖リキュールを使用した蔵ロールです。
私も、お土産に買って帰りました。

140827image031.jpg

続いて訪れたのが、「道の駅 舞鶴港とれとれセンター」です。
鮮魚店や、寿司店が立ち並ぶ道の駅です。
鮮魚店では、活きの良い魚介を刺身や海鮮焼きにしてもらい食べられます♪
腹ごしらえが終わった所で、舞鶴赤れんがパークを訪れました。

かつては、弾薬庫や倉庫として使われた赤れんが造りの建物には、博物館やお洒落なカフェもあり情緒満点です。
今回は、男二人旅でしたが、カップルや家族連れが多く良い感じでした。

140827image032.jpg 140827image033.jpg

最後に訪れたのが、海上自衛隊舞鶴地方隊の桟橋です。
毎週土日祝日に、無料で見学可能です。
簡単な手続きを経て、自衛隊北桟橋へ

140827image034.jpg

まず目に飛び込んできたのが、最新鋭の護衛艦やミサイル艇の数々です。
艦艇をバックに敬礼!!

140827image036.jpg 140827image035.jpg

護衛艦 「まつゆき」前で             ミサイル艇「はやぶさ」

140827image038.jpg 140827image037.jpg

62口径76ミリ速射砲 と 高野

運が良ければ最新鋭のイージス艦や、護衛艦に乗艦しての見学も可能です。
私と高野も、迫力のある艦艇を目の前にして、テンションが上がりました!

今回の男二人ブログ旅は、自衛隊桟橋で終了です。

GR天の橋立周辺には、たくさんの散策スポットがあるので、お越しの際はお気軽にスタッフにお声がけください。

spacer2.gif

GR天の橋立よりお知らせ

140827image039.png

★「但馬牛と松茸すき焼き会席」と「名月会席」
期間:9/1(月)〜10/31(金)
※9/12(土)9/13(日) 10/11(土) 10/12(日)を除く
参加費:お一人様 各3,240円(税込)

★「料理長佐野 特別献立のご夕食会」
9/27(土)
参加費:お一人様 2,160円(税込)

★スペシャル料理ウィーク
期間:10/4(土)〜10/10(金)
当日ご宿泊されるお客様全員対象

かにかにフェスティバル
期間:11/9(日)・11/30(日)
参加費:お一人様 3,240円(税込)
当日ご宿泊されるお客様全員対象

次のページ »

Copyright (c) 2008 THE GRAN RESORT All rights reserved