メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

【GR和歌の浦より】 岩出市周辺観光レポート

ザ グラン リゾート和歌の浦から地域観光レポートをお届けします。

今回は、GR和歌の浦から車で1時間圏内の岩出市方面へ出掛けてみました。

まずは、新義派真言宗の総本山である根来寺へ参りましょう。
こちらが根来寺の入り口です。
この階段を登れば、大塔が見えると思いきや!
登っても入れないそうで、入り口は左側の参道からと案内が書かれていました。

20130806image001.jpg

一番に見ておきたいのは大塔。
日本最古にして最大の木造多宝塔は、国宝に指定されています。
高さ40メートル、幅15メートルの多宝塔は一般の多宝塔とは違い、下重が五間あり、内部に柱を円柱に配置して内陣・外陣を区画する大塔形式を伝えるもので、現存唯一の多宝塔となっており完成までには67年もかかったそうです。

20130806image002.jpg

大塔の右側には大傳法堂(県指定文化財)があります。
こちらは根来寺の本堂で、本尊は大日如来で、大きさは約5mあり、脇仏に金剛薩、右に尊勝仏頂尊が安置されており、国の重要文化財に指定されています。
この堂は、真言宗の最も大切な修法を伝える道場で、僧侶が厳しい修業をする場所だそうです。
20130806image004.jpg

左側にある大師堂は、真言宗の開宗、弘法大師空海上人像を本尊として祀っています。
創建は、大塔と同時代の建物で天正の兵火から残ったもので、内部の須弥壇と併せて重要文化財に指定されています。

20130806image008.jpg

spacer1.gif
聖天堂の前の聖大池

20130806image010.jpg

ぷかぷか浮いてる妙なものを発見!
葉っぱか?いもか?
もしかして謎の生物?と思ったら亀でした。

20130806image014.jpg

spacer1.gif
さて、根来寺から南東へ約30分。

紀の川市桃山町へやってまいりました。
『桃源郷』と呼ばれているこの地域、桃の花が咲く時期には一面綺麗な桃色に覆われ、ほのかに甘い香りに包まれ、まさしく桃源郷となります。

20130806image016.jpg

今回お邪魔しましたのは、県道128号線桃山特産センター隣のあら川仙果園さん。
お店を覗くや、桃の甘い香りがいっぱいに広がっていました。
桃のジェラートもいいんですけど、「冷し桃」ってのが美味しそうでした。

20130806image020.jpg   20130806image018.jpg

いつかは食べてみたい1個500円の桃。
5個1,200円だって美味しいですよ。

20130806image022.jpg

20130806image025.jpg

spacer1.gif

桃源郷をあとにして、国道424号線を南下すること約30分。

前々から一度会ってみたかったのですが、今日はいるのかな?
そう、わかやま電鉄貴志川線・貴志駅の「たま駅長」です。
小さな駅舎はたま駅長にあやかって、猫の形になってるみたいですよ。

20130806image027.jpg

20130806image029.jpg

しかし残念なことに、たま駅長に会うことはできませんでした。
シフトでは出勤なのにな・・・。
仕方がないので駅舎に飾られてた、たま駅長の写真でもご覧ください。

20130806image033.jpg

20130806image031.jpg

貴志川線は猫を駅長にするというユニーク鉄道ですが、走っている電車もユニークです。

最初に登場したのが、「いちご電車」。
座席や床、吊り手やロールブラインドに自然木を使ったウッディで優しい雰囲気の電車です。
シートはもちろんいちご柄。
ボディにもいちごが描かれて います。

次に登場したのが「おもちゃ電車」通称「おもでん」。
この電車は車内にフィギュアの展示がしてあったり、なんと!ガチャポンが設置されてたりします。
そして最後に登場したのが、たま駅長にあやかって「たま電車」。
車内も社外もたま駅長だらけ。
しかも、たま駅長のプリクラハウスまで設置されてるらしい。
これは電車というより、走るアミューズメントスペース!

20130806image037.jpg   20130806image035.jpg

これは 「おもでん」

spacer1.gif

そんなこんなでご紹介させていただきました、GR和歌の浦近郊の気になるスポット。
どうぞ皆様も見に行ってみてください。もちろんお泊りはザグランリゾート和歌の浦へ。

従業員一同、皆様のお越しをお待ちいたしております。

20130806wakanoura.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加