メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

【GR箱根より】春の到来!

会員の皆様、こんにちは。
ようやく箱根も春めき、新緑が鮮やかになる季節を迎えます。

110221image001.jpg
芦ノ湖畔の新緑と富士山

110221image003.jpg
大涌谷姥子自然探勝歩道

さて、箱根の魅力といえば「温泉」「」と「自然の美しさ」。
今回は、春の箱根の「」の魅力をご紹介いたします。

まず、箱根に春の訪れを知らせてくれるのが水芭蕉
箱根湿生花園では、南関東最大規模の20,000株の水芭蕉が一斉に花開します。
園内では、日本の各地に点在する湿地帯の植物200種のほか、草原や林、高原植物や珍しい外国の山草など、約1,700種もの可憐で小さな花々を楽しめます。

箱根湿生花園http://www.hakone.or.jp/blog/shissei/

110221image005.jpg
箱根湿生花園(ミズバショウ) *見ごろ:3月下旬〜4月

また、水芭蕉と並び見逃せないのが箱根宮城野の桜並木
早川沿いの堤、約600mに渡り約150本の桜が続きます。
夜になるとライトアップされ、昼とは違い幻想的な光景に様変わりします。
また、4月下旬になると箱根園の樹齢80年枝張り22メートル大島桜が、「竜が守る湖(芦ノ湖)」を彩ります。

110221image006.jpg

110221image008.jpg
宮城野さくら祭 *見ごろ:4月初旬〜中旬

花見の後の楽しみは、隠れた箱根名物の「スイーツ」。
箱根エリアの36店舗で腕によりをかけたスイーツでおもてなし。
シェフの魔法にかけられた魅力的なスイーツが箱根のあちこちであなたを誘惑します。

「箱根スイーツコレクション 2011」 4月10日まで開催中!
http://www.hakonenavi.jp/sweets/2011spring/index.html

春の箱根は五感で楽しめますので、是非、贅沢な時間を楽しみに来てださい。

また、今回は特集として 〜注目の美術展〜 をご紹介します。
箱根といえば美術館が多いことでも有名ですが、この春は注目の美術展が目白押しです。

まず、森の風景の中に溶け込むようなかたちで作られたポーラ美術館では、3月19日から「レオナール・フジタ -私のアトリエ」展が開催されます。
素晴らしき乳白色」とも呼ばれた技法でパリ画壇の話題をさらったレオナール・フジタ。
彼の職人的な制作手法は近年注目を集め、NHK朝のニュースでも取り上げられました。
今回の展覧会では彼の初公開作品11点を含め、日本最大級のコレクション66点が一挙に公開されます。

110221image010.jpg
レオナール・フジタ ≪姉妹≫ 1950年

レオナール・フジタの世界を堪能した後は、隣接した自然の光がふり注ぐカフェで、本格的なスィーツを味わえます。

ポーラ美術館http://www.polamuseum.or.jp/

また、当館より車で15分の「箱根ガラスの森美術館」では、3月31日まで「美術館企画展 Carnevale −祝祭を映すヴェネチアン・グラス」が開催中です。
多彩な文化を集約して発展させたヴェネチアン・グラスの伝統的な技法をより高めた18世紀から19世紀の作品と共に、生きる喜びに満ちた時代のヴェネチアのカーニヴァルの文化が堪能できます。

また、本場ヴェネチアで作られた仮面やマントを身につけて記念撮影をしたり、仮面に華やかな色の模様を付けて、あなただけのオリジナル仮面を作ることも出来ます。
緑あふれる森の中、ヨーロピアンな建物が建ち並ぶ箱根ガラスの森美術館で、遥かな時代のヴェネチアへ心馳せてみませんか。

110221image012.jpg
プリゲッラ
バロヴェール&トーゾ
1950年代 ヴェネチア

箱根ガラスの森美術館http://www.ciao3.com/top.htm

その他、現代日本画のすばらしさに焦点を絞った成川美術館や、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けたルネ・ラリックの生涯を綴った箱根ラリック美術館、そして近・現代を代表する彫刻家の名作約120点が常設展示された箱根彫刻の森美術館など、個性溢れる美術館が箱根に集まっています。

清々しい春の箱根で、芸術に触れてみませんか。
GR箱根スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加