2010/6/7 月曜日

【GR箱根より】金時山登山の魅力発見

Filed under: 箱根 — 箱根 @ 8:30

箱根には金時神社があり、あの金太郎さん縁の名所も多い所です。
最近は、金時山登山もテレビなどで紹介され、有名になってきました。
金時山頂上のお店で頑張っていらっしゃる「金時娘さん」や金時山登山のために中華料理店を箱根に移転した店長夫婦の方々などがよくテレビで紹介されています。
その他にも金時山に魅せられた人々がグループであるいは、ご夫婦で金時山に登っています。
そして、そんな方々で、連日近くのバス停は賑わっています。
そこで、金時山登山にチャレンジ。
その魅力を探ってみようと思います。

100607image001.jpg

さすが!近くにハイキングコースの案内板。これで、迷わずに行けそうです。

100607image003.png

ビジターセンターやインターネットにもっと詳しい地図もありました。さあ、出発。

緑に囲まれて気持ちがいいです。登山している感じがしないくらい緩やかな斜面が続きます。ハイキングを楽しんでるような感じです。
途中、芦ノ湖が見える場所もあって、景色を楽しみながら歩いていきます。
けっこう沢山の人達とすれ違います。挨拶をかわしながらお互いにエールを送りあったりするのも楽しいですね。

100607image005.jpg

今、箱根は新緑の美しい季節。
野鳥のさえずりを聞きながら、珍しい植物に目をとめながら散策していく楽しみがあります。
山頂に近づくにつれて、徐々に急斜面になってきました。

100607image007.jpg 100607image009.jpg

途中の大きな石の上に乗って、眺める箱根の景色に元気づけられます。
足場が悪くなってきて設置されているロープをつたいながらの登山になってくると、次第に山に登っていると実感が湧いてきます。
足場を気にしながらの登山を続けること30分あまり、やっと山頂へ。

100607image011.jpg 100607image013.jpg

やはりこの風景を見ると『登って良かった。もう一度登りたい』なんて思ってしまいます。
こうやって金時山の魅力にとりつかれていくのでしょうか。
何百回、何千回も登っていらっしゃる方々の名前が金時山名物の茶屋にかかっているのを目にするとそんな風に感じられます。
特に見事な富士山が眺められたら最高。だめでももう一度登って今度こそなんて思ってしまうのだとか。

茶屋で一休みしたら、なごりを惜しみつつ下山。
金時山登山ルートは、3ルートあるので、下山で違うルートをたどってみるのもいいかもしれませんね。
2〜3時間の登山でしたが、登ったという達成感がすごくしました。
下山後に上り口の仙石原のレストランで味わったビールの味も格別です。

登山初心者にはお勧めのハイキングコースです。
GR箱根を拠点に、箱根の山々をめぐる旅もまたいいのではないでしょうか。

【イベント情報】
★夜のあじさい電車★
あじさい電車の名称を持つ箱根登山電車が一番景色の良い時期を迎えます。
6月19日(土)〜7月11日(日)まで恒例の「夜のあじさい号」が運転されます。この電車は、前座席指定の特別電車です。
沿線の一万株のアジサイがライトアップされて幻想的な雰囲気の中を電車の照明を落として走っていきます。
途中の宮下駅で撮影休憩があるので、ゆっくりとアジサイを愛でるも楽しいですし、日頃は絶対に撮影できない線路上からのアジサイ電車の正面を写真におさめるのも良い記念になります。

GR箱根でも、6月27日(日)・7月4日(日)に送迎つきでこの「夜のあじさい号」に乗車するイベントを予定しています。
ぜひ、ご参加ください。

 

Copyright (c) 2008 THE GRAN RESORT All rights reserved